山の畑 その変貌

スズメバチの駆除も終わった先日。


どれ、のんびり草刈でんすっかねぇと山の畑へ。





まず、最初の問題は、畑に続く道が無くなっていたこと。



正確には、草が伸びすぎて道がわからなくなっていたのである。




因縁の宿敵、葛を筆頭に名前も知らん・わけわからん草が緑の壁に。



胸元よりも高く伸びまくっており、一気に不安感に襲われる。




畑の果樹は草に押されてないか?



葛に巻きつかれていないか?



そんな不安を胸に、ばっつんばっつん草を刈り進み畑に到着。



やぶ畑


えーっと。



ここ。



どこよ?






私の果樹畑。



一か月の間にやぶ畑に(涙)。




先月までは、高くても私の膝丈ほどしかなかった緑の軍団。



この一か月で爆発的成長を見せやがる。



変わり果てたわが果樹園の姿に息を飲み、しばしボー然。



なんというかここまで凄いと笑うしかない。




いったん、木陰があるベース(いつも荷物を置くところ)に向かう。




畑の中で無双する葛のツルに足を取られながら、こけつまろびつ歩み行くと、草の間からわずかに見える果樹の姿。




リュックをおろし、まずは果樹の観察から行っていく。



成長ぶりではなく、やられっぷりを見物に。である。




とその前に、以前に雉が卵を産んだと思しき場所を探したが。



特定することはできなかった。



雉の卵

先月見た雉の卵。


卵の殻が割れた跡は見えなかったが、シバザクラを植えていた場所の土(ここは草の被害が少なく、土が見えていた)には、鳥の羽が何枚か落ちており、存在自体は否定できない。



5つの卵が無事に孵化し、親と一緒にどこかへ行ってしまったことを願うのみである。





プルーン バーバンクグランドプライズ

プルーン バーバンクグランドプライズ。


生存確認に時間がかかった品種の一つ。



とにかく、どこに植え付けていたかわからなくなっていた。



この樹は、畑に上がってすぐの場所に植え付けていたが、背が低い&草の量が半端ではなかったため、見つけるのに時間がかかった。



誤って果樹を傷めないようにと、慎重に鎌を振り回していたとき、ふと足元に目をやった際、支柱にしていた竹の棒が見えた為に発見した次第。



もう少しで蹴り飛ばすところやったし。



草の陰に隠れて日がほとんど当たっていなかったが、枯れずに生きていてくれた。




八重桃 ひなのたき

ひなのたき。


これはすぐに発見できた。


独特の枝垂れた枝葉が目についたから。



この樹も全ての枝を葛に絡めとられており、さながら囚われのおひなさま。


両手を縛られた姿が何とも悩ましげであった。




シオシオになったジャンボ白鳳

ジャンボ白鳳。


完全に草に覆われていたため、成長が止まってしまったかのよう。


縮む葉っぱが残念な感じ。




死にかけの川中島白桃2号

川中島白桃。


これに至っては息も絶え絶え。


少しの成長も見られず、葉は落ちて三枚しかない。




葛に巻かれたスモモ 太陽

スモモ 太陽。


2mを超えて伸びた力強かった枝は、葛のツルによる巧みな誘引で、見事に弓なりに曲げられており、一月前とは別人に。



ぐるんぐるんの葛のツルを、スモモの葉っぱを引っこ抜かないように取り除く作業の時間のかかること。

そのだるさったらない。




やっとのことでツルを外したのがこちら。


ハゲ散らかしたスモモ 太陽の枝

禿げ散らかした枝のさみしさよ。




以前、コガネムシに葉っぱを食い荒らされて、傷んだ葉っぱが多かったこの太陽。



今回は、葛のツルに巻き付かれ、しごき抜かれたせいであろうか。



ツルッつるのハゲ枝になってしまっている。



何事であれしごきすぎはよろしくない。



枝であれ。



竿であれ。






さて。



その他の果樹もみな何らかの草被害を受けており、雑草の強さを改めて思い知らされた。



そして、桃の大久保さんに至っては、草が凄すぎて存在自体確認できなかった。




木陰に咲く名も知らぬ花

木陰に咲く名も知らぬ可憐な花。





果樹のやられっぷり。



照り付ける初秋の太陽。



やぶ蚊の猛攻。




九月とはいえ、畑はやっぱり大ハード。



そんな中でも、今回一番つらかったこと。





雑草の花粉。


名前は知らんが、この時期に花を咲かせる雑草が、畑一面にございまして。



その名も知らぬ草。



鎌を振るたびに大量の花粉を飛ばしてくる。




優しく振るえばフワッと。



激しく振るえばボワッと。




凄まじい量のお粉が私のお鼻を直撃。




鎌を振るたびにくしゃみが飛び出す。



もうね。



出るは出るは鼻水が。





いや、鼻水とかの次元ではない。




洪水である。




何度もティッシュで鼻をかむが、すぐに底をついた。



しかし止まらない鼻水は、犬のよだれのように顎まで流れる。



仕舞には服の肩口や袖で拭いていたら、昔の子供かと思えるほどテッカテカになった。



鼻水垂らしながら鎌を振るその姿は、とても人に見せれるもんじゃない。




今すぐにでも鼻を引きちぎって、水道でじゃぶじゃぶ洗いたい願望を抑え黙々と草刈。

(実際はくしゃみ続きでウルサイのだが)



やぶ畑全体

やぶ畑の全貌。

全然草刈が進んでいない。




耐え難きを耐え、忍び難きを忍んでこなす畑仕事。



涙目で、鼻汁を顎まで垂らしながら思う。



草との果てしなき闘い。


comment

Only the blog author may view the comment.

かれんなお花

その名もヤブラン、だったりしますw
草の勢いはすごいですよね。
スモモ、太陽が、南国の植物のように見えたのでしたw

やぶつながり!

きくちゃん様、こんばんは。

> その名もヤブラン、だったりしますw

ブッ!!
今、「ヤブラン」でgoogle行ったら、まさにそれw
やぶ畑にまさかのヤブランで、吹き出してしまいました!

この草、実はずっとりゅうのひげと勘違いしてたんですよね。
恥かしいかぎりです^^;


> 草の勢いはすごいですよね。
> スモモ、太陽が、南国の植物のように見えたのでしたw

でしょー。
ハワイの海岸に生えるヤシの木みたいな。
でも正体は、ハゲのスモモ。

No title

あっはっはっは・・・・・orz

流石に1カ月放置は厳しいっすね。
私の畑の近くの柿も葛にぐいぐい引っ張られてしなってましたので、
ぶった切っておきましたよ。
あいつらの怪力っぷりには驚かされますね。

実は・・秋の花粉の方が花粉症が酷いようで・・
花粉まみれになるときは注意しないとまずいですよ―

No title

こんにちは。
1ヶ月程でこんなに草だらけになるなんて
自然の力は恐ろしいですね。
うちの狭い庭でさえちょっと目を離したら
雑草ボウボウになりますし。

雉達は巣立ったんでしょうかね、鳩だと卵
から巣立ちまで40日くらいらしいので
あっという間に大きくなっちゃいますね。

雑草との戦い、頑張って下さい^_^

椎たけ夫様、こんばんは。

さすがに一か月放置はまずかったですねぇ。
凄まじい量の草の壁、葛のツルには参りました。

私、春先には必ず鼻がぐずるんで、初秋のこの時期も
けっこうキテます^^;

Re: No title

ふりすきぃ 様、こんばんは。

すごいですよ~草の勢いは。
とにかくこの夏の季節を逃すまいと、
私の可愛い果樹を踏み台に、どんどん伸びていってましたから。


あの卵がどうなったかはわからなくなりましたが、
小さなひな鳥たちは、逞しく生き延びていると信じています。
(もう踏むのはこりごりですし^^;)
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR