イチジクの穴からこんにちは。

糞がつくほどの雨不足、暑さで溶けそうだった8月を過ぎると、今度は水害を起こすほどの大雨。



他所の地域では、水位があがって床下浸水やら、川が氾濫やらと大変であるが、私の場合は、イチジクの用土が流れ落ちる被害あり。


他県の水害に競べると規模の小さいおっさんの悩み事だが、雨が降った後は、気になって仕方がない。




いつもどうりにイチジク&ブルーベリー、用土に変化がないか見て回っていると。



イチジク、ドーフィンの主幹に白い小さなゴマ粒が見えた。



粉のような、カビのような。



ムム。

指で払う。



指で払った付近、木の樹皮が荒い。



ムムム。

なんか気になる。




気にはしつつも、ほかの果樹を観察し、再度、ドーフィンに向かい合うと。




またもやゴマ粒が。




よくよく目を皿のようにして覗いてみれば、ゴマ粒のあった場所には、小さな穴。



間違いない。


カミキリ虫の幼虫がいる。





イチジクにはカミキリ虫が付き物と、何度も見聞きした話ではあった。


しかし、実際に栽培果樹が手込めにされたのは今回が初めて。





山の畑を開拓していた頃。

大小さまざまな木を切り倒してきたが、その切り口には、かなりの数の虫食い穴が見られた。


その中には、虫食いが原因で、太い枝が枯れたり、すでに枯れているものも少なくなかった。




カミキリ虫の幼虫は、恐ろしい。



これから果樹を植え付ける場所で、カミキリ虫の怖さをしたたかに思い知らされたのである。



その相手がついに私の可愛いイチジクに。


もちろん、見逃すことなどできはしない。




すぐさまホームセンターへ直行。



目指すは園芸コーナーの農薬棚。



あった!と手に取り、レジに持っていった品。



園芸用キンチョールE。



カミキリ虫の幼虫に特化して、ノズルが細く、長く設計されてあるのが特長。



対カミキリ虫(幼虫)のリーサルウェポンである。



なるべく薬品には頼らずに、害虫駆除を続けていきたかったが、木の中にいる虫には、私のゴールドフィンガーをもってしても敵わない。


小さな穴の中の命よ、サヨウナラ。






などと思うはずもなく、穴ッチョめがけてノズルを差し込み、これでもか!と噴射。



刑は執行された。





さて、件のドーフィン。


キズモノの身体にはなってしまったが、これからしゃんと育つのであろうか。


他にも被害樹はあるのだろうか。






水不足に酷暑、用土の土砂崩れにカミキリ虫。


自然を相手にするということは、常に壁にぶちあたるということだろう。


だが、それを乗り越えてゆく愉しみも、自然を相手にする醍醐味なのかもしれない。



comment

Only the blog author may view the comment.

No title

こんばんは!

おっしゃる通りやと思いますー
次々と、試練がやって来ますが・・
あれこれと、工夫しながら良い物が実った時は嬉しいですよね。
これからも、楽しみながら・・やって行きましょうね~~~v-218

No title

カミキリじゃないですが、ウチのブルーベリーはコウモリガにやられたことがあります。
幹に入る虫はホント厄介ですね。
薬使いたくなければ柔らかい細い針金が便利ですよ。
無事であればいいですね。

Re: No title

みやこ草様、おはようございます。

大雨や炎暑に耐えて、虫との攻防に打ち勝ち、
果汁溢れる果物を手に入れる日はいつになるのかわかりませんが、
工夫と愛情で、楽しい園芸生活は続けますよ。

私と果樹園は完成することはないです。
それが魅力ですから^^

Re: No title

椎たけ夫様、おはようございます。

コウモリガ。
うちのブルーベリーも、昨年やられて枝がダメになりましたよ。

カミキリ虫はイチジクが好みのようで、成虫もよく見かけるのですが、
幼虫の方が樹に潜り込む分、たちが悪いですな。
いずれにせよ、見回り・観察は大事とわかりました。

No title

我が家もカミキリ虫にやられました。しかも根元に近いところに来ていて、とても残念です。
ある程度高いところなら途中で切っても諦めが付くのに、ほぼ根元・・。
地面すれすれで切ったら逆に樹勢が強くなって実が付かないのでしょうね。(T T)
あの、土を盛った様なものが見えるとドキっとします。^ ^;

Re: No title

Reveille 様、こんにちは。

カミキリムシ、本当に憎たらしいですよね!
どうせつくなら枝の先とかにしてくれって言いたくなりますよ。

今のところ、イチジクの穴から虫糞が出続けている形跡がないのでほっとしてますが、
まだまだ気は抜けませんね。

No title

40年近く前の子供の頃、近所にあったイチジクの木がゴマダラカミキリを大量に捕まえられる場所でした。子供のころの記憶なので、木の大きさは定かじゃないですが、登ったりしてたので、2mくらいはあったと思います。
その木は、カミキリの幼虫の住処で穴だらけだし、長年のカミキリ被害で幹はゴツゴツに変ぼうしてましたが、枯れもせずに毎年実らせてました。

木の大きさにもよるでしょうが、成長が遅くなったりしながらも、枯れるってことはないのではないかと思います。

Re: No title

おに様、こんにちは。

>その木は、カミキリの幼虫の住処で穴だらけだし、長年のカミキリ被害で幹はゴツゴツに変ぼうしてました
>が、枯れもせずに毎年実らせてました。

なるほど。
樹が大きかったりすると、多少の虫食いは成長に影響しないのですね。

初めてのカミキリムシ被害にビビッていましたが、
早めの処分と日ごろの観察、果樹の生命力を信じるってことですな。

早く2mを超えるほど成長して、虫に負けない強い樹に育ってもらいたいもんです。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR