雨ふる幸せ 雨ふる不幸せ

どしゃ降りの雨に満たされた週末。


水害がある地域にお住まいの方には申し訳ないが、雨の少ない今年の夏、カラカラに乾いた果樹には恵みの雨であった。





仕事帰りにブルーベリーを見に行く。


水不足で葉がパリパリになっていた、若いノーザンハイブッシュの幼苗。


レカ、デュークなど、暖地でもイケる品種と聞きつけ購入したが、今年の異常な暑さと水不足が祟ったか、どなたも全く成長が見られない。


葉っぱは黄色に変色し、新梢もちろん見られず。


しまいには、今回のパンチの効いた強い大雨で、黄色になってた葉っぱが落ちてしまい、冬の苗木さながら。

清々しい程スカスカに(涙)



反対にラビットアイ系のメンディトゥー・マル・ウィトウなどの幼苗は、若く逞しい新梢をグングン伸ばして元気そのもの。


今回の大雨に潤され、ラビットアイ系統のライトグリーンの愛くるしい新葉は、嬉しくなるほど眩しく輝いている。




さて。

ジェントルビアンコである。

イチジクの。




私のイチジク苗木。

ブルーベリーを植えさせてもらった、叔母の家の空き地に植えている。


しかし、すでにブルーベリーで充分な植え付け場所がなかった。



そこで。

ブルーベリーを植えた場所のすぐ後ろ。


崖とブルーベリーの間に用土を入れて、無理矢理植え付けたのだ。




この植え付け場所。


急な壁というか崖からは、ちょくちょく小石や木の枝が落ちてきて、ちっとも安心は出来ない。


以前には、パスティエ(ルージュドボルドー)氏に上から落ちた木の枝が当たり、苗木が折れる事件があった。
(その折れた枝を挿し木したら、見事に復活。元の苗木よりも成長している)




今回は雨。

水不足に悩んでいた果樹に降り注ぐ恵みの雨。



でも、ちょっと多すぎ。

勢いありすぎ。



なんと、ジェントルビアンコの用土が流れ落とされてしまっていた。



憐れビアンコ氏。

大雨で表面の土が削られ、雨に打たれ、そこからダムの決壊の如く溝が広まり、かなりの量の土が流されていた。



この季節に、一番は見せてはいけないもの。



木の命、根っこ。


それが丸見え。


フルチンである。



根が乾いてはいけないと、高畝に仕上げていたその土が、強い雨でブルーベリーの植えてある、下の方まで流れてしまっていたのである。


すぐに手袋をはめて、周辺の土をもりっと被せたが、どうなることやら。




そして、更に気になることも。


ブルーベリーを育てておられる方なら知っておろうが、ブルーベリーは酸性用土がいい感じ。


かえって、イチジクの用土は中性に近いほうが良く、私は石灰をばらまいておいた。


もちろん、石灰はアルカリ気質。


そのアルカリ用土が、ブルーベリーの根本に流れ流れてたどり着いている。





基本的なこととして。

土質の違う植物は一緒には育ちにくい。



植物には、それぞれが快適に成長できる土の
質がある。



それを考慮するに。

ブルーベリーとイチジク。

間違いなく、栽培用土を分けなければならない。




今更ながら後悔している。


近すぎたと。



ブルーベリーとイチジクの隣りあった栽培環境。


私の浅はかな考えで植え付けられた、この2種目の果樹。



これからも、イチジクの用土は下に流れてしまうのか。


ブルーベリーは、石灰混じりの流れ土を嫌がるだろうか。



今後の経過を注視するのである。
(政治家の発言みたいな)

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

畑はその後行かれてますか?
どこもかしこもスズメバチ・・で困ってるんですね。

うちのブルーベリーは地植え物はちゃんとした専用土ですが
鉢植えはイチジクも立派に育つようなアルカリに近い再生土に
「サンドセット」という酸度調整するものを混ぜてます。
今のところ問題なく生長してるので、ご参考までに。

でも、イチジクは移動したほうが良い気はします・笑

Re: No title

かじつ畑様、こんにちは。

山の畑、先程見に行ってみたんですが、スズメバチの巣を確認しただけで
逃げ帰ってまいりました。
ちょうどバレーボール程の大きさで、巣の入り口にはスズメバチが
出入りしてて、正直怖かったです(´Д`)

イチジクとブルーベリー、やはり近くはマズイですよね。
今更、他所に移す場所もないし。
なるようになれ、です^^;
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR