ジロー、、目覚めよと呼ぶ声あり

時間を作って、果樹園へ。

いつも通りに果樹の観察。


スモモや桃には、相変わらず蔓のツルが巻きついていやらしいこと。


薫る草花を育てたくて、よその畑との境界に植えつけたハゴロモジャスミンにも、情け知らずの蔓は巻き付いている。

ジャスミンもツル性の為、ほどくのが大変面倒くさい。

いらいらしつつも、ゆるりゆるりとほどいていたが、時間がかかるので蔓のつるだけを鎌で切って処分。


草を刈ったり、やぶ蚊の献血に協力したり(強制的に)と、呆けて過ごしていると、なにやら耳元でエンジンのような音が。

羽音だ。

しかも、かなり近い。


何か嫌な予感を覚えつつ、振り返る。



目先、1mほどにでかい蜂。

スズメバチである。







でけーーーーん!

と、心の中で叫び、一気に畑の反対側へ。



今日の服装。

頭はいつもの白タオルほっかむりの竜ちゃんスタイル。

だが、服は真っ黒のジャージ姿。

スズメバチは、黒色を激しく攻撃すると憶えていたので、ひくほどビビる。


件のスズメバチは、幸いにも後を追ってこなかったが、これはマズイことになった。



私の果樹園、野生の王国。

常日頃から様々なお客様がおいでになる。


足の裏ほどもある大きなムカデ。

藪に隠れて休む蛇。

私の畑には、これらのちょっと強面な面々が、隠れ潜んでいるのだが、彼らはたいして怖くはない。

人間を恐れているからだ。


だが、スズメバチは違う。

彼らは、テリトリーに入った侵入者を容赦なく攻撃する。

その一撃は強烈。

あの世に旅立つ片道切符。


そのスズメバチが私の畑に。

彼らの巣が、もし近くにあったら。

最悪である。



とはいえ、これで果樹栽培をあきらめる私ではない。

携帯で、ウィキペディアへアクセス。

スズメバチの生態を調べる。


スズメバチは、白には攻撃的反応はしないらしい(状況による)。

また、巣にいる幼虫に与える餌は、基本的には他の昆虫類。



>基本的には他の昆虫類。

昆虫を捕まえるってことは、私の畑に侵入するコガネムシなんかも餌ではないか。

よくよく調べると、やはりコガネムシやカナブンなんかも餌となるらしい。


コガネムシの食害に悩まされている私にとって、願ってもない強面のエンジェル。


この時点で、害虫から益虫へランクアップ。

畑のアウトローは、畑の用心棒へと格上げである。


今後は、しっかりと畑のパトロール、害虫駆除をお願いしたい。


だが、服装には気をつけねばなるまい。

あのでかい羽音がブンブンなる中で過ごすのは、根性がいる。


あまり白系の服は持っていないし、タンスに長袖の種類もすくない。

あとで、畑に向く作業着を検索してみよう。



さて。

今日は大変うれしい出来事が。


長い沈黙をやぶり、ついにアイツが目を覚ました。




次郎柿である。


このジローさん、植えつけ当初からまったく動きがなかったのだが、ようやくお目覚め。

土に刺さったゴボウにしか見えなかったが、ようやく新芽を芽吹いてくれた。

さあ、これからごっつい成長をみせておくれと願いたいが、一つ不安が。


ジローさんの刺さっている場所。

実は、畑の奥の林の中。


植えつけ場所まで考えずに、大量に苗木を購入したため、ジローさんは果樹畑ではなく、山の中へ(正確にはだれかの畑)ひっそり植えつけ。


植えつけ当初からやや日陰気味であったこの場所。

どうにかなるやろと考えていたが、甘かった。

春になって芽吹いた、高木の若葉が生い茂り、最悪な日陰環境に。


今から引っ越す場所もなし。

この日陰ゾーン(他人の畑)で、どのような成長が拝めるか。

スズメバチの動向を窺がいつつ、今後も記録に残してゆくとする。


comment

Only the blog author may view the comment.

No title

ジローさん、
ついに覚醒したんですね!
祝!祝♪

まぁ、白い作業着身につけて、
できれば美白もして
お山にお出かけしてくださいね^^

No title

なおさん様、おはようございます。

ついにと言うか、やっと言うか。
約半年の沈黙を破っての誕生に、心踊っております^^

スズメバチは、こちらが何もしなければ被害は無いようですが、
やっぱりあの羽音には、ドキリとさせられます。

No title

スズメバチの巣が近くにある場合、今回の様に近付いてきて、
パチッパチッという音を出して威嚇してきます。
この音が出たらもはや逃げるしかすべがありません。
一撃必殺で攻撃しないと死ぬ間際に匂いを出して仲間を呼びますしねぇ
わたしは一度これを体験しましたが、玉ヒュンですよ(笑
今年もすでに5匹ほど撃墜してますが、怖い存在ですね。

No title

椎茸夫さま、こんばんは。

スズメバチ。
急に視界に来るとびっくりしますね。
それにあの羽音。玉ヒュンとはまさしくです^^

畑にくるスズメバチは、草や果樹についた虫にしか興味ないらしく、あとをつけても、我かんせずでした。

最近は、アブのほうが厄介ですよ。
いきなり体当たりしてきて、うっとうしいことこの上ないです。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR