スモモの葉、コガネムシに食われる

今日はパソコンが動くので、落ちないうちにアップを。

先月の話になるが、我が果樹園にいらっしゃったお客様のこと。


仕事だったり、雨降りだったりで、いけなかった果樹園。

夜を徹して降り続いた雨が、ようやく落ち着いた休日の午後。


雨雲の隙をついて山の畑へ。

ものすごいことになっとるじゃろう(草的に)と思いつつ、行ってみる。



想像してはいたが、やはり。

果樹園に生える草の勢いのすごさたるや。


前回、膝丈よりも下まで刈り込んだ雑草群。

まったく懲りる様子もなく、素晴らしい成長力で繁栄しておられる。

道なき草の道をかき分けて進み、木陰から園内をしばし静観。


スモモは随分と枝が伸んだ。

だが、痛んだ葉が多い。

台風通過の影響もあったかもしれないが、主な原因は虫。

コガネムシである。

正式な種類は詳しくわからなかったが、金属光沢のある茶色のような、ブロンズ色した羽をもつ小型の種類。


これが、スモモの葉を見事なまでに穴だらけにしてした。

特に新梢から生える新しい葉がボロボロになっており、痛ましい姿に。



以前、コフキゾウムシの件で。

【畑の虫は殺さず】を標榜して、よそに逃がしてやったのだが。


前言撤回。

あまりにもひどい食害で、私のかわいいスモモがハゲ散らかした姿は目の毒である。

やられ放題のまま見過ごすのでは、園主の資格なし。


久しぶりにテデトール発動。

葉につくコガネムシを、一匹一匹テデトール。



スモモの中でも、特に食害がひどいのは太陽。

一枚の葉に何匹ものコガネムシが集っている光景は、実に腹立たしい。

一本一本の果樹を点検して、いたずら者を処分。



それが終われば、今度は草のお相手。

伸び放題の若草たちを刈りまくり、刈った分は果樹の根元にマルチング。
草刈りをしつつやぶ蚊を払い、草を敷いてはやぶ蚊を払う。

土星に漂う隕石のごとく、大量のやぶ蚊をサテライトさせながらの草刈りは、休む暇がない。



やぶ蚊と草だらけの雑草畑と化したわが果樹園。

今の時期は、大量のやぶ蚊が食いついてくる為、ひたすらに動き続けて、働き続けていなければならないし、草はものすごいし、くそ暑い。


園芸や畑仕事をしない人が見れば、なんとご苦労な。と思われるであろう、草と泥とやぶ蚊の世界。

そんなきつい農作業に加えて、この暑さ。

でも、行かずにはいられないほど、秘めたる何かがある。

それはたぶん、山の畑の居心地の良さ。



生活していく中での諸々の壁。

心の葛藤。

おっさんのつまらない悩み。

それら、折に触れ押し寄せる人生の荒波を、つかの間忘れさせてくれる。



木々のささやき。

土の匂い。

小鳥のさえずり。

童心に戻る唯一の場所。



そして、畑にたたずむ小さいが偉大な存在。


草陰から顔を出す、カマキリの子供。

桃の枝に休むトンボ。

名も知らぬ花の上で踊る、小さな蝶。


私が踏み均す足元でも。

蟻も、ミミズも、ムカデも。

それぞれに己の生涯を全うするべく生きてゆく。


様々な命が満ちている山の畑。

その命の輝き。

心の休憩所。


暑さもやぶ蚊も、コガネムシも遭遇すれば、顎が出る。

だが、これからも畑通いはやめられない。


comment

Only the blog author may view the comment.

No title

てでとーるは、大変ですね。

すもももすきなんだよなぁ。

美味しそうなのないので
本日は、どこかとどこかの
シュークリームを
おやつに食べちゃいました。

その分何かしてカロリー
使わなくちゃ

Re: No title

がんばー様、こんばんは。

今頃、気づきました。

携帯使えばブログの更新ができることに(;´д`)

スモモ美味しいですよね。
取りたてにかぶりつけば、ほら。
お口の中まで幸せに。

果樹栽培は実るまで歳月を要しますが、オススメですよ。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR