葡萄の誘引 贅沢を言ってみる

家の軒先で栽培することにした葡萄。

ナイヤガラとピオーネ。


613 ぶどう画像1

前回、ブログにアップした時よりも、葉数も増えて新しいツルが伸びてきた。

このままでは不安定なので、100均でリング支柱(90cm)を購入。


伸びゆく枝葉に傷がつかないように、リングの輪の中へ通す。

次に、適当な間隔をとって、支柱を用土にブッ刺す。

最後に、あてもなく彷徨う葡萄のツルを、リングに絡ませる。

ツルが上手に絡まない場合、洗濯バサミでリングとツルを固定する。


613 洗濯バサミ 便利技

洗濯バサミは、ツルの成長に合わせて、挟む場所を変えられるので便利。

以前に、他所様のブログで紹介してあった便利技である。


本来なら、単管パイプ等で、頑丈な支柱を組み、でっかく育ててみたいのだが、まかなえるような場所がない為、鉢栽培で我慢である。

個数は取れなくとも、美味しい果実が実るようにしたい。

手をかけ水をかけ、観察を続けるのである。


この葡萄2品種。

私の凡ミスにより、どっちがナイヤガラでどっちがピオーネかわからなくなってしまっていたが、そこは便利なインターネット。

検索にかけると、両者の葉の違いで、簡単に品種鑑定ができた。

ちなみに、右がナイヤガラ、左がピオーネ。


家にいながら、世界が観れる。

まったく便利な世の中である。


さて。

贅沢を言ってみるのである。


私の住む壱岐の島。

活きの良い、海の幸が採れる。

特にウニは有名。

ウニにも種類があり、絶品は赤ウニ。

6月からがシーズンで、九州外には出回ることが少ないことから、幻のウニとも呼ばれ、お値段も高め。


私の贅沢。

知り合いからタダで手に入れたこの赤ウニ。

この赤ウニを、アツアツのご飯にブッカケて頬張るのだ。


613 うにのぶっかけ

島の海女さんが気張って採ってきた、元気印のこの赤ウニ。

絹のような、なめらかな口当たり。

舌の上で踊り、溶けながら食道を滑り落ちる、のどごしの良さ。

ウニのコク、磯の香りがふわりと鼻に抜け、知らず笑顔に。

田舎で生まれてよかったと思える瞬間である。


だが、この絶品も三日と続くと飽きが来る。

さすがに三日目となると、「またウニぃ、肉の方がよか」となってしまうのである。

と、ウニ好きの人から見れば、なんと贅沢なと思われるかもしれない。


名の木も鼻につくと諺がある。

ものには程度があるものだ、度を越してはいけません。


しかし。

幻のウニを食べ飽きるまで食べれると言う話。

田舎の普通は普通ではない。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

おはようございます。

本当に贅沢です。
今年もうにたべてないです。

おいそーーーーう。
いいなーーーーーーあ。

藻の上の旦那 さまへ

こんにちは!

生ウニ~♡
若い頃はよく近所の岩場に潜ってサザエやアワビ採りに行きました。
休憩に、瀬の上でウニを割って食べる幸せを思い出しました。
採れたては甘いんですよね。
 
昔は親の知り合いの漁師さんが、お弁当箱いっぱいのウニ・
アワビもゴロゴロ、ピチピチの伊勢海老などタダで頂いてました。
あの頃は、当然のようにもらって食べてましたが
今思うと、本当に贅沢な話です(^_^;)

あ~食べた~い(´∀`*)ウフフ

Re: No title

がんばー様、こんばんは。

食べ過ぎて欲しくなくなるなんて
私もホントに贅沢だと思います^^;

ちなみに、今の私の望みは、自分で作った果樹の実を、
食べたくなくなるまで食べることであります^^

しんかなまま様、こんばんは。

>若い頃はよく近所の岩場に潜ってサザエやアワビ採りに行きました。
>休憩に、瀬の上でウニを割って食べる幸せを思い出しました。

私も若い頃は、それやってました。
潜ってウニ獲って、石で叩き割って、指で掬って、そのままスるり。
塩水の塩加減と、ウニの甘さが絶妙だったのを思い出します^^

でも、もう今はちょっと食べ飽きて。。。
贅沢ですが、しばらくはご遠慮願いたいです^^;
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR