月曜から草刈

今日は月曜、仕事はお休み。

久しぶりに山の畑に行ってみる。

このところ、帰りが遅くて畑に行けなかったので、楽しみ愉しみ。


610 他所様の畑(果樹園への道)

果樹園に着く前から、草の関門有り。

一週間ほど見ていない間に、果樹園に続く道が、緑の壁に覆われていた。


この道。というより草むら。

実は以前に、ジャスミンを植えた下の畑(他人の)なのであるが、ご覧のとおりの草の壁。

果樹園に行く前からいきなり草刈である。

この季節、草の伸び率がハンパないことは、承知していたが、まさかこんなにとは。

他所様の畑(果樹園への道)は全く隠れてしまっていた。


イバラをへし折り、カズラを払い。

伸び放題の草刈り行脚。

鎌をふりふりチイパッパ。

まさかの道作りで大汗かきながら、果樹園に到着。

予想通り、我が果樹園の草たちも凄まじい繁栄ぶり。


そしてその筆頭が、かの悪名高いセイタカアワダチソウである。

前回、畑に来た時よりも更に背を伸ばし、私なんか見下ろすほどに育っている。

そしてその穂先には、大量のセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ。


今日の目的は、セイタカアワダチソウの徹底排除。

蚊よけのほっかむりスタイルでいざ出陣。


セイタカアワダチソウをズッポズッポと引き抜いていくが、色々とやっかいなことが。

まず、この畑には、葛が大量にはびこっており、そのツルはご多分に漏れず、セイタカアワダチソウに絡みついている。

この葛のツル。

実に面倒なのだ。

引いても容易には切れず、足元にあっては、足に絡んで私をよろめかせる。


そして一番の問題は、アワダチソウを抜くときにある。

アワダチソウを抜こうとすると、葛のツルがとなりのアワダチソウを引っ張る。

引かれたアワダチソウの穂先が顔に当たる。

穂先には、大量のアブラムシ。

抜くたびに、引くたびに、大量のセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシが顔面に直撃。


アブラムシの顔面シャワーなんて人生お初な出来事だが、相当に気持ちが悪い。

なお、このアブラムシ。

色は赤色。

潰れたら血のような体液がプチュッと。

顔で擦れた拍子に、潰されたアブラムシで、おっさんのお顔は血まみれスプラッターなことに。


曇天のはっきりしないお天気の壱岐地方。

それほど暑くもない、過ごしやすい気温だったのは、家にいるときまで。

セイタカアワダチソウを全部引き抜き、生えていた土地の土を、スコップで掘り返して根っこを出す。

流れる汗。

軋む腰。

悲鳴を上げる鎌もつ右手。

満身創痍で作業を終えると、夕方になっていた。


610 畑1

610 畑2

まだ、膝丈くらいには草が生えているが、それは虫たちの分。

全部を除草してしまうと、私の果樹たちに被害が及びかねないから残しておく。


ひとまずは安心だが、相手は、静寂を保ちつつもしたたかな強さをもつ植物。

これで駆除完了とは思えない。


作物は足音を聞いて育つ。

我が果樹園の果樹たちが、私の足音を覚えるくらい、今後もこまめな見回りをしていこうと思う。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

せっかくの休日、
一日草との格闘技だったんですね。。

「僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る」
そんな詩を思い出しました。。

ツルさんによろめきながらも、
なんとか踏ん張り道をそれず、
よく耐え抜きました!^^

お疲れさまです~

選良

偉いね。感服。

考えることが違う。

よく聞けば尤。

それにしても。選ばれた「年配者」
年寄りとは呼ばない。

秋の収穫が多かれと、傍から応援。

No title

葛はきついっすよね。
抜いても抜いても生えてくる・・・
おまけに強靭な蔓ですし・・
草刈りはやはり定期的にやらないといけないですね。

なおさん様、こんばんは。

>「僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る」
いい言葉ですな。
でも、私の場合は「僕の前は草だらけ。僕の後ろも草だらけ」ですよ^^;

さすがに今日は草臥れました。
いい運動というより、なにかの修行のようでした。

Re: 選良

ijin様、こんばんは。

偉いだなんてとんでもないです^^;
セイタカアワダチソウが生えてるなんて気づかずに、放置していた愚か者です。
草伸ばし放題のツケですよ。


ただ、除草剤も使わず、無農薬でどれだけうまく栽培できるかには、畑に生える草も必要と思っとります。
刈った草はマルチに、害虫寄せの囮にと、色々工夫できて面白いです。

畑に繁茂する植物(果樹以外)と、いかに共存共栄するか。
我が果樹園のテーマであります^^

椎たけ夫 様、こんばんは。

草取り、草抜き、草刈。。。
さすがに半端なくきつかったです。

セイタカアワダチソウは全て引っこ抜いて、根っこも捨てましたが、葛は無理^^;
至るところ、あそこもここも伸び放題で手がつけられません。

果樹が絡まれないように、定期的な見回りは大事ですね。

No title

すごい丈の草ですね。
作業の前の大仕事!お疲れ様でした!

しかし、どうしても頭からダチョウクラブの竜兵さんの
ほっかむりが頭から離れず、熱湯風呂の時の竜兵
スタイル(ほっかむり&ふんどし)で草刈りをしている
姿を想像してしまい、笑ってしまいました。
もちろん顔はメイクありです。
ごめんなさい!

アブラムシ、うちも爆発的に増えてます。
芋虫も出てきてます。
最近ロビンくんを無視してたら、あんまりそばに来てくれなく
なってしまい、虫退治は一人でやってますー(涙)

Re: No title

ちょしっち様、こんばんは。

>ほっかむりが頭から離れず、熱湯風呂の時の竜兵
>スタイル(ほっかむり&ふんどし)で草刈りをしている
>姿を想像してしまい、笑ってしまいました。

流石に押すなよスタイルで草刈したら、やぶ蚊のおもちゃにされちゃいます((((;゚Д゚))))

でもほっかむりってやってみたら便利ですよ。
汗もすぐふけるし、蚊も寄せ付けないしで、いい発見でした。
昔の人はいい発明したなぁと感心です。
お勧めです。どーぞどーぞ(´・ω・`)

アブラムシやってきましたか。
うちの果樹達にはいまのところ被害は出てないんですが、草刈りしてどうなることやら。
今まで草についていた虫が、果樹に来そうでちょっと不安であります。

ロビンさん、元気にしてるんですね。
あったかくなって、餌が増えたからお腹いっぱいなのかな?
ロビンさんがまた、ちょしっち様の手の上で餌を食べるのを期待しています^^
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR