ど根性イチジク パスティエの成長

今週から梅雨入りした九州地方。

久しぶりの雨で、溜池の水も復活してきた。

溜池の水の減り具合で、天候に一喜一憂するとは、生まれながらの田舎っぺ。

Natural Born country manである。


さて。

いちじくの挿し木。

発芽した品種は、ドーフィン、バローネ、パスティエ。


ネグローネは、おまめさんみたいな幼果をつけたあと動かず。
(おまめは摘果した)

サルタンは未だ発芽せず。

この2品種、どうやら枯れているらしき気配。


イチジクは挿し木が容易と聞いていたが、枝が細かったことと、寒い時期に挿し木したこと、水遣りなど不十分で、管理が行き届かなかったことが敗因だろう。

本体は順調に生育しているから良しとするか。


以前にご紹介したパスティエ。


530 ど根性パスティエ

現在は、葉も三枚に増えて元気なご様子。


このパスティエ(Pastiliere)、別名:Rouge de Bordeaux。

以前に、かじつ畑様に教えていただいたサイトの紹介によると。


FRUCTIFICATION : Unifère très précoce, à partir du 1er août en Provence. Fruit de 50 à 60 grammes à pédoncule rouge, désaxé.

DEVELOPPEMENT DE L'ARBRE petit, de 2,5 à 4 mètres de diamètre pour 2 à 3 mètres de hauteur selon l'importance des interventions de taille. Adapté aux petits jardins et à la culture en bac. Port plutôt érigé.

AIRE DE CULTURE bonne résistance au froid. Elle est adaptée à toutes les régions. N'ayant pas de figues fleurs, elle est insensible aux gelées tardives de printemps
(海外サイト:fig-baud.comより)

全文、おフレンチ。

田舎のおっさん園芸家にはさっぱりなので、エキサイト翻訳。


[エキサイト翻訳結果]
結実:
まさに早成のUnif?re、プロバンスで8月1日から。
均衡を失わせられた赤い茎への50〜60グラムの果物。

サイズ介在の重要性による2〜3メーターの高さのための4メーターの直径への、2および5のDEVELOPMENT OF THE小さなTREE。
フェリーによって小さな庭および文化に適していました。
ポートはやや組み立てました。
寒さに対するAREA OF CULTUREよい抵抗。
彼女/それはすべての地方に適しています。
どんなイチジク花も持っていないこと、彼女/それは春の遅れた霜に無感覚です。


うーん、なんとな~くわかるような。

大きさはだいたい想像がついた。

そして、寒さには強いみたいである。

はて、ポートとはなんぞ?


まだよくワカラナイので、今度はGoogle翻訳で。


[Google翻訳結果]
FRUIT:unital非常に早い、プロヴァンスの8月1日から。
50〜60グラム赤茎配向へのフルーツ。

直径2.5〜4メートルと介入の大きさの重要性に応じて、高さが2〜3メートルから小さな木の開発。小さな庭園と文化トレイに適しています。
ポートはむしろ建てた。
寒さにAREAの文化優れた耐性。
これは、すべての地域に適しています。
花をイチジクたいいえ、それは晩春の霜の影響を受けません。


エキサイトよりはだいぶ日本語がお上手である。

以上をあわせると、パスティエさんは。

・早生品種である。(プロバンスではとある)

・50~60gの赤い実がなる。

・2~3mの高さに育つ。(家庭向きとのことか)

・寒さに強く、晩春の霜の影響は受けない。

以上である。
(結局、ポートわからず)

味の評価については、解説がなかったので、実際に育てて確認するしかない。


しかし、イチジクの品種の多きこと。

100を超えるほどの品種があり、品種ごとに様々な違いがある為、コレクション的愉しみがあるイチジク。

そして、品種も多いが、歴史も古い。

ウィキペディアによれば、石器時代の遺跡から1万1千年以上前の実が出てきたとのことで、非常に長い歴史のあるフルーツである。


旧約聖書でのアダムとイブ。

裸であることに気づいて、身につけたのがイチジクの葉。

我が果樹園のイチジクは未だ、幼き幼木で、小さな葉しか持たないが、いずれは大きく成長し、その見事な葉で、涼しげな木陰を作るのであろう。

挿し木苗の将来に思いを馳せながら、今日も水やり、明日も水やり。

発根したのか、してないか。

ポットの底穴から、元気な根っこが見えるその日まで。

水やりと、おっさんの暑苦しい熱視線の日々。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

楽しく拝見させていただきました・笑

”ポート”ってなんでしょね?
ちなみにBingで翻訳しましたら、「ポートに建立」と訳されてました。
意味がわかりません;

とりあえず美味しい品種のようですよ。楽しみですね


イチジクは育てやすいとよく言われますが、美味しい実を収穫するとなると
なかなか奥深く手ごわい相手だと、わたしは思ってます。

それにしても、藻の上の旦那さんの果樹園。
見晴らしも良く、広くて羨ましい限りです♪

かじつ畑様、こんばんは。

fig-baud.comの品種紹介、英語でもわからんのにフランス語ですからねぇ。
ポートとはなんだ?と無い知恵知恵絞ってうなりましたが、さっぱりでした。

翻訳かけても、理解できることが少なくて。。。
フランス人になりたいと思いましたよ^^;
でも、日本での知名度がない分、余計に自分が立派に育ててやろうという気にもなりました。

今使ってる畑は親戚のなんですが、自由になんでも植えられるから楽しいです。
でも、だいぶ植える場所がなくなってきました。

見晴らしは良いのですが、今後は、たぬきや台湾リスの被害が出そうで、戦々恐々です。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR