私という名の災害

私の果樹園で、スモモの葉っぱにやりたい放題のゾウムシのことを、昨日のエントリーで紹介した。

昨日のゾウムシ。
どんな種類のものか調べてみる。

小さい体に、薄緑色のキレイな色(本当はキレイだなんて言葉は使いたくないが)。

Googleに『緑色 ゾウムシ』で検索をかけると、色んな種類のゾウムシがおり、そのなかには、まさに私の畑にいたヤツがいた。

本名、コフキゾウムシという。

さらに『コフキゾウムシ』で検索をかける。

すると画像が出てくるのだが、どいつもこいつもお取り込み中のやつばっかりで、ちょっと笑える。

とぼけた顔したスケベ虫。

また情が芽生える。

このコフキゾウムシ。

画像を見てもらえばわかるのであるが、合体していることが多いのだが、別にその気がなくても、オスはメスに乗りたがるとのこと。

尻に敷かれるのではなく、尻にのって過ごす。

コフキゾウムシのオスは、うらやましい程の横着モノである。


さて。

何故、私の畑にコフキゾウムシがこんなに多いのか?

答えはその食性にあった。

コフキゾウムシの成虫は、葛の葉を餌にし、幼虫は根っこをいただくのである。

今までは、葛も伸び放題、イバラも伸び放題で、右へ寝転がっても、左へ飛びついても、エサだらけだったのに、後から私がやってきて、綺麗さっぱり畑を整理した。

彼らの、食べ物も住処も奪ったのである。

おかげで食べ物が減り、コフキゾウムシとしては、‘仕方なく’スモモの葉っぱを齧っていたのだろうと思われる。


スモモや桃を定植する為に、植え穴を掘っていた時。

畑の土に、深く刺したスコップを引き上げると、顔が無くなったアマガエル。体を割られたムカデ。足を飛ばされたセミの幼虫。などなど。

たくさんの生き物を殺した。

自分の趣味のために。

彼らは、ただ、冬眠中であった。

彼らは、寝ていただけなのである。

そして命を奪われた。

私に、である。


何世代も、変わらず平和に暮らしていたのに、いきなり住処を奪われ、食べ物を奪われたコフキゾウムシを想うと、考えさせられる。

私たちが、害虫と呼ぶモノが起こす害とはなにか?

後からやってきて、略奪と殺戮の限りをつくした私は、彼らを害するものと呼べるのか?

彼らにすれば、私の方こそ、害であり悪である。


畑を歩くだけで、踏み潰される命がある。

目の前を飛んだだけで、はたかれる命がある。

人間は、何かを傷つけずにはいられない生き物であろう。


ゾウムシが教えてくれた、命について考えること。

果樹についた虫は獲る。しかし、殺さず。

これからは、共存共栄をテーマとして、ガーデニングを楽しんでいきたい。

comment

Only the blog author may view the comment.

思わず笑ってしまいました

いつも楽しく拝見しておりますが、今日のコフキゾウムシの生態解説には吹きだしてしまいました。

ゾウムシと言えば、九州に居たとき野菜ゾウムシというやつが居て、これには冬野菜が痛められたことを思い出します。

ますますお元気で
草々

ささげくん様、こんばんは。

コフキゾウムシの生態には、世のぐうたらな男は、憧れるのではないでしょうか?^^

しかし、この虫達も、悪気があって私の畑にきた(元々居たのが彼らで、後からきたのは私)わけではないことが、今回証明されたので、潰してしまった虫たちには、申し訳なく思っている次第であります。

一寸の虫にも五分の魂といいますしね。
今後は、もう少し温かい目で観察しようと思っています。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR