愛と憎しみのゾウムシ

本日の壱岐地方は、紺碧の晴天。

空の碧さの美しきこと。

空高く、舞う鳥の気高きこと。

吹く風優しく、たおやかにゆれる新緑の木の葉。

かっぺでヨカッタと思える、穏やかな休日。


そんな麗らかな気分で、果樹を見て回る。


502 イチゴの花

紅ほっぺに花が。早速アリがたかっていた。

502 スモモ 秋姫

スモモ 秋姫。
すっくと上に伸びる新緑。

502 スモモ ソルダム

スモモ ソルダム。
随分、枝葉が伸びました。

502 スモモ 大石早生

スモモ 大石早生。
こちらは、まだこれからというところ。

502 プルーン バーバンク

プルーン バーバンク~。
ケムシがよくつく。

502 名も知らぬ虹色虫

くさい軍手、金属的な輝く虫。

至福のひととき。


山の畑には、お客がいっぱい。今日も様々な虫が遊びに来ている。

その中で、ダントツの可愛らしさといえば、やはりゾウムシであろう。

我が果樹園ではよく見かける。

丸い体に、小さな頭。

さらに小さく、黒目のつぶらな瞳。

果樹の枝葉で休む、この「ハテ?」とでもつぶやきそうな、おとぼけヅラした生き物。

佇む姿が愛嬌たっぷり。目が和む。

この他にも、蝶が名も知らぬ花に舞い、トンボが風を切って走っていく。

そして、何をどう間違ったのか、畑の真ん中をアメンボがよちよち歩いていたりのこの畑。

実に様々な命があふれている。


スモモの木に目を向ける。

もっさり枝葉を生やしていた貴陽が、剪定もしていないのに、すっきりと枝が落ちている。

春一番にも耐えた若枝が、ポッキリおれている。
※ちなみに春一番は壱岐が発祥らしい※

他にも葉の真ん中から切れたように、無くなっているものもある。

以前からこのような葉が見られ、おかしいとは思っていたのだが。

胸がモヤモヤする。

実に不審。

タヌキやイタチが葉っぱを食べるとは思えないし、(餌となる虫や小動物は、畑にはいくらでもいる)一体だれが犯人なのか?

気になりつつも、果樹の見回り。

木の枝のもとに、白い泡を作るアワフキムシを退治してまわる。

この虫は、木に吸い付いて、尻から泡を出す。

この泡はほとんど水分のかたまりであるが、アワフキムシの尻からでたので、いわゆる小便である。

このアワフキムシ、樹木にたいした害は無いようだが、私の愛しい果樹たちが、こやつのションベンまみれになるのはゴメンこうむる。

果樹を見回ると、葉の裏にゾウムシ。

恥ずかしげに、奥に回って隠れるすがたが可愛らしい。


休憩中、ゲップをしながらコーラをゴクリ。(まだ飲んでます)

ふと思い立ち、携帯使って、ゾウムシのチェック。

ウィキペディアへgo。(携帯は便利ですな)


ゾウムシの項見て、固まる。

>幼虫・成虫とも、すべての種類が植物食で、食物とする部位は葉や髄、花、樹液、果実、朽木、種子など種類によって異なる

>中には農作物に重大な被害をおよぼす害虫となるものもいる。

チィィイイ!!!


スモモの枝葉はお前らか!!!


今まで、可愛可愛と見ていたゾウムシ。

つぶらな瞳で、私を騙し、可愛い果樹の枝葉を落としていたゾウムシ。

感情のメーターが、いっきに愛情から憎しみへ。

ゾウムシ=親(果樹)の敵の方程式完成。

陽も傾いてきた果樹園で、This Is Sparta!!!と叫びながら、(心の中で)ゾウムシを潰しまくるおっさん。

今まで、ほっておいただけに、なかなかの数のゾウムシ。

しゃがんで、潰す。

かがんで、潰す。

樹木を下から見上げて、虫を潰す作業のなんとご苦労なことか。

すべての果樹の見回りを終えた頃には、足がぴろぴろになった。


もっと早くゾウムシの生態を知っておけばよかった。

学びが足りなかったのだ。

無知は罪である。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

こんばんは~♪
毎日の見回りと、いたちごっこ
本当にお疲れ様です。。。

足がぴろぴろ・・・
どんな???

Re: No title

なおさん様、こんばんは。

今日の虫取りは疲れました。

未だ背が低い私の果樹、しゃがみこんでのゾウムシ潰しは、足が痺れてピロピロと鳴りそうでしたよ。

そちらの方は、山にまだ雪が残っているのですね。
雄大な風景。あいrがとうございます~。

藻の上の旦那 さまへ

こんにちは(^-^)

果樹にもゾウムシの被害があるんですね~!
私の育てているバラでも<バラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)>は
天敵なんです!
せっかくのバラのツボミを一瞬でダメにしてしまいますヽ(`Д´)ノ
ほんっと小さい体してるのに極悪非道です!(笑)
毎日の害虫チェックは一番大変な作業かも知れません(^_^;)
園芸は害虫との戦いですね~。今では素手もへっちゃらです。
お互い頑張ってツブしまくりましょう(笑)


しんかなまま様、こんにちは。

バラも虫がよくつきますもんね。綺麗な花が咲く前にぽっきり逝かれたら。。。
心中ただならぬものと存じ上げます。

私、ゾウムシは悪さしないと思っていましたから、葉っぱかじってたのがコヤツらと知った時はショックでしたよ。
山の畑だから、いろんな虫が来るのは致し方なしですが、やっぱりガーデニングをするなら、虫の生態は知っておくべきですよね。

>園芸は害虫との戦いですね~。今では素手もへっちゃらです。
素手でのストロングスタイル!虫のおつゆにはお気を付けください~^^
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR