イチゴの定植 早すぎる登場

連休最初の日曜日。

午後から畑の見回りへ向かう。

今日の壱岐地方は、最高気温が20℃となっていたのだが、とにかく暑い。

体感では25℃以上はありそうな勢い。吹き出す汗にみるみる臭くなってゆく上着。


話は変わるが、汗をかいた日は枕が臭くなってきた。

汗臭さではない何か。中年男のエッセンス。

何の変哲もないただの枕なのに、寝ぼけまなこも、一発で目が覚める最終兵器と化してしまうこの化学反応。

なぜにおっさんは臭くなるのか?いったい我ら中年オトコが何をしたのか?

と、神に申し上げたい今日この頃。


閑話休題。

眩しい太陽が、植物を育むために必要なことは重々承知。

しかし、紫外線でお肌がワヤになるのはいただけない。

おっさんとはいえ、首にお顔にどっぷり、たっぷり日焼け止めクリームを塗りたくっておく。


本日は、イチゴを我が果樹園の仲間に加える日。

本当は、玄関先でのプランター栽培をしたかったのだが、他の果樹もあり、置く場所がないので、やむなく畑で育てることに。
(なら買うなよと言いたい)

場所は、スモモの秋姫の奥、方位で言えば北西あたり。

先ほどまでは、室内の窓際で、ぬくぬくと可愛がってきたが、ついに独り立ちの日が来た。

これからは、雨に打たれる。風に倒される。虫に喰われる。葛にいびられる。

しかも。
以前にもエントリーしたが、しょっちゅう山の神さんのお使いが、餌を探したり、糞をしにきたりと容易ならざる土地である。

食い意地のはった狸に、熟れたてのイチゴを盗られる光景が頭をよぎる。

環境的には、厳しいものがあるが、ワイルドに、図太くぷりぷりと育ってほしい。

さて、植え込み作業。

細かくふるい分けた畑の土に、家から持ってきた培養土を少し足して植え付けた。

土が乾かないように、マルチ材を敷くのがよいだろうが、持っていない。

代わりになるものをと、畑の中を見渡すと、私より大きく育ってきたススキ科の草があるではないか。


428 イチゴ 紅ほっぺ

ただで手に入り、且ついくらでも取れる。素晴らしいマルチ材ですな。

これはいいものに目をつけたと自己満足。

盛りつけもお洒落に。しゃれとんしゃあ。


日もだいぶ傾いてきた。果樹を見て回る。

428 国華園スモモ 太陽

国華園経由のスモモ、太陽は全体に色が黄緑色で、和らいだイメージ。
葉の先端がうっすら赤く色付いている。


428 山陽農園スモモ 太陽

山陽農園経由のスモモ、太陽は濃い緑色で元気ハツラツ、枝葉もシャキッと男前。

先に定植した分、山陽農園のスモモの成長が早いのは当然。

しかし、どちらも同じ土を使用しているだが、この葉色の違いはなんであろうか?

いずれにせよ、早く大きく育って、実をつけてほしいものである。


帰る前にシバザクラコーナーの草取りをば。

シバザクラもだいぶ、花が散ってきた。

一時は大量に咲く花で、茎や葉が隠れていたが、今ではスカスカ。

花の命は短くてである。

果樹の近くに育つ草には無関心でも、シバザクラの傍らには生えさせない。

せっかく育てたシバザクラが、他の草に負けないように、うんつくうんつく言いながら草むしりに励んでいると、耳元で‘ぷゥ〜ン’とかすかな羽音。

懐かしくも煩わしい、真夏の厄介者の羽音じゃあるまいか。

暑いとはいえまだ四月下旬。

いくらなんでも、ご登場が早すぎゃせんか。

体を回して付近を見渡してみると、私の汗臭い背中から尻あたりを狙う獲物を発見。

即座に仕留めて確認。
こまくて黒い体に、白いスジ。間違いなく蚊(やぶ蚊)であった。

まだ6月になってもいないのに、やぶ蚊が出るとは、やはり山の畑。あなどれん。


果樹の収穫は、夏の日差しが痛いほどの暑い盛りが多い。

真夏の暑さに溶かされて、アゴを出しながら、大量のやぶ蚊の接待までしなきゃならんのかと思うと、気が滅入る連休の日曜日。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

藻の上の旦那さん
真夏日の日曜日でしたね。
いつも楽しく記事を拝見しております。(笑)
ブログをお休みしている際も、色々と励ましていただき、本当にありがとうございました。
お陰さまで、何とか職場復帰にもこぎつけ、家事もほとんど自力でできる様になってきました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
こう暖かいと色んなところに出没する害虫にうんざりしますね。しかも藪蚊が既に飛んでいるのですね。藪蚊の活動時期が年々長くなりましたね。

Re: No title

Reveille 様、こんにちは。

お怪我も順調に回復のようで良かったですね。

私がこのblogを始めるずっと前から、貴方様のblogへお邪魔しておりました。

以前は、記事を読ませていただくだけの私が、果樹栽培・ブルーベリーを通して、今まで画面を通して見ていた先輩方と繋がりが出来たことに、不思議な気持ちでいっぱいです。

未だ、幼稚園児程度の栽培技術しかもっていない私ですが、今後共どうぞ宜しくお願いいたします。

ちなみに、昨夜は部屋にも蚊が入ってきてました。
真夏の畑。行くのが怖いです^^;
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR