軍手泥棒 ~その2~

軍手紛失から数日たっての畑仕事。

管理している畑の上の雑木林が気になり、探索開始。
昼間とはいえ、鬱蒼としていて気味が悪い。

しばらくほっつき歩いていると、ここでニトリル手袋を発見した。
(軍手は未だ行方不明)

20130203_142630_convert_20130211232252.jpg

20130203_142701_convert_20130211232602.jpg

持ち去った犯人は、加齢臭漂う中年男の汗まみれ泥まみれの指先にご執心だったらしく、執拗に指先だけを攻めておられる。

エステーが誇る突き刺し耐性抜群のニトリル手袋も、指への愛情にはかなわないらしい。
エステーには是非、山神の使いの愛着に耐えうる【噛み付き】耐性抜群の新製品を開発していただきたいものである。




ところで。
この獣の正体はなんであろう。
手袋を咬み破る程の力があるなら、やはりタヌキか?
願わくば、果樹への愛情だけはホドホドにしていただきたいものである。


comment

Only the blog author may view the comment.

03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR