おもらしモンステラ 水滴の中の世界

私の可愛いモンステラ。

前回、エントリーした頃より、全体的に広がりをみせ、艶やかな緑の葉が美しい、眺めるオアシス。


424 モンステラ 濡れる1

424 モンステラ 濡れる2

しかし、ちっと困った癖(性質)をお持ちなのだ。

昨日のように、雨が降り、室内の湿度が高い日には、きまってそれはおこる。


濡れるのだ。

大きな葉のあちらこちらから、恥ずかしいおつゆを滴らせる。

部屋のカーペットもお湿りで濡れる。

壁も濡れる。

あれも濡れる。

これも濡れる。

私のモンステラは女子であった。


さて、このモンステラのおしめり現象。

サトイモ科の植物に見られる特有の現象で、根から吸い上げた水分が、蒸散できずに、水滴となって現れるとのこと。

インターネットで調べても、特に対策らしい記事は見当たらない。

植木鉢の周りに雑巾でも置こうかと思うが、見た目が悪いので、濡れたら拭き、湿ったら拭きで対応するしかない。(結局タオルを置いている)


されど、モンステラの葉から流れるこの雫。

小さなその珠は、凛として、涼しげな清涼感を身にまとい、その透き通った神秘的な輝きの中に、凝縮した美を宿しながら、回りの景色を映し出している。

一滴の雫の中にも、天と地が宿る。

comment

Only the blog author may view the comment.

03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR