ぶどうの目覚め 忘れたがる男

前回、エントリーした際に、記述した葡萄2品種

僻みめいた言葉が効いたのか、あれ以来、慌てたように、ぶりぶりと動きを見せ始め、今こんな感じ。


422 葡萄どっちか1

422 葡萄どっちか2

わずか10日も経たぬうちに、ここまで動くとは、葡萄の成長の速さはすごいもんである。

やっとお目覚めかと思ったら、芽吹いてすぐのこの幼い葉っぱには、すでに透明な虫の卵が。

相手がこまい為、爪楊枝の先っちょで、いじる。せせる。つついて落とす。

新芽も必死なら、虫も必死、おまけに私も必死である。


つる性植物の成長性は、エグいと聞いた。

今後、陽が高くなるに従い、さらに活発になるのであろう。

本気を出せば、数十メートルも伸びるとのことだが、さすがにそこまでは伸ばなくてもよろしい。

植木鉢での栽培なので、ほどほどの成長を期待したいと思っているが、さて。

まあ、なにはともあれ、安堵した。

国華園クオリティにケチをつけたが撤回。

枯れ枝と間違われるような、色気のない植木鉢が、春の淡い新緑に彩られる様は、なんともこころが和む。


ピオーネとナイヤガラとして、手元に届いたこの苗木。

が、しかし。

いかなる時にも、前車の轍を踏んでしまう、学ばぬ男こと私。

件のブルーベリーもそうであったが、この葡萄2品種、植え付けの際に、名前のタグを外して以来、どちらがピオーネやらナイヤガラやらわからなくなってしまった。

まことに残念な栽培者である。

この両者の違いは、その実がみのる、数年先までわかりそうにない。

品種の違いで、剪定等に違いがあるのかはわからないが、どちらがどちらでと、人に説明できないのは恥ずかしい。

私のポンコツ性能発動により、しばらく名無しのこの二本。

しかし、視点を変えれば、どちらがピオーネでどちらがナイヤガラか、宝くじの当選発表を待つ心境を楽しむように、未来に対する期待を楽しむことができるともいえよう。


物事を考えるにあたり、悲か楽を付随させねばならぬのなら、やはり楽がいい。

悩むも笑うも気の持ちよう。

と、言い訳をしておく。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

こんばんは~♪

葡萄。。。実るまでに数年も・・!!
ほんとに果樹は気の長い栽培なんですね。。

昔、土蔵の庭いっぱいに葡萄の木があり、
それはそれは枝が空を覆ってました!

ぶどう園に行くと、
もっと大きく枝が伸びているんですよ~~

そんなふうに、
楽しみも大きく広がっていきますね♪
では。。。

No title

なおさん様、こんばんは。

ご近所に果樹がなってる環境、すごいですね。
果物天国、長野県が羨ましいですよ。


果樹栽培の欠点、実りの秋まで時間がかかるってことですかねぇ。

今食べたいなら、スーパーで買うのが得策だけど、やっぱり自分で作るからこそ意味があるわけで。

とは言いつつ、最近は、他所様のblogで紹介される花の美しさに、心奪われ、花栽培も有りかと。

揺れる浮気心です^^;
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR