ど根性イチジク パティスリエ

現在、8品種を育てているイチジク。

植え付けの際、切り戻した枝がもったいないので、何本かは挿し木にしている。
ネグローネ、バローネ、ドーフィン(たぶん桝井)、サルタン、パティスリエ。

その中で、一番小さく、弱々しかったパティスリエから葉が出てきた。


411 パスティリエ

このパスティさん、定植時からほっそい鉛筆ほどの太さしかなかった。
しかもこれ、挿し木をしたくて挿したわけではない。

二月のある寒い日、冷たい冬の北風の影響か、雑木林の上から落ちた木の枝が当たったらしく、ポッキリ折れていた枝を挿し木したもの。

発見した時は、乾燥した冷たい風にいじめられ、折れた部分は干からびていた。

この細さじゃ挿し木も無理かと諦めていたが、カッターで切り返し、ダメもとでポットに挿しておいたのだ。

動きのない日々が続いていたが、植物の逞しさとは凄いもので、見事生き残り、命をつなげるべく葉を広げようとしている。

その健気で、いじらしい姿には、水をやるおっさんの手にも情がこもろうというもの。

イチジクの生命力、まことに天晴れである。


ところで、このパティスリエ。
e-フラワーで買ったのだが、パティスリエ(ルージュドボルドー)と表記してあった。

イチジクにはロンドボルドー Ronde de Bordeaux(ロンドボーデックス)と言う別の品種があるのだが、e-フラワーで購入したのはいったい、パティスリエなのか、それともロンドボルドーなのだろうか?

まあ、食べて美味ければ、どちらでもよろしい。


411 ネグローネ

こちらは、ネグローネ。
山陽農園出身のイチジクを挿し木。

この挿し木、可愛い‘おまめさん’みたいなものが出ているのだが。
もしかして、これは実ではないのか。

もし、これが果実だとすると、根っこも生えないうちから、このおまめさんが大きくなるなんてことがあるのだろうか?

いやしかし、ただの挿し木に、いきなり実をつけさせるのはマズイだろう。

ここはひとまず、イチジク本体の成長を促すために、このおまめさんは取ってしまったほうがいいのではないか。


昨年末から本腰いれて始めた果樹栽培。

素人ゆえにわからないことが多く、多岐亡羊として、道険しいがそれもまた楽しみ。

長年携わってきた、経験豊富な達人なら、事も無げに済ませてしまうであろう果樹栽培のイロハ。

迷いながら、立ち止まり、失敗して学び、また進む。

これまさしく、我が人生と同じ。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

迷いながら、立ち止まり、失敗して学び、また進む。

味のある名言です!!
この繰り返しの年輪が、
ほれ、この腹だ!!と自分のお腹をさすってみる。。。
すると、みんなにキモがられる・・(^^;)

芝桜、お見事な色です!
華やかで・・・派手です。。♪

桃、頑張っていてますか~~?

No title

はじめまして。
ブログ、楽しく拝見させてもらっています^^

イチジクの「パティスリエ」(通常は「パスティエ」が正しい呼び名です)と
「ロンドボルドー」は別品種です。
パスティエはPastilere、別名がRouge de Bordeaux
ロンドボルドーはBonde de Bordeaux と言うようです。
わたしはまだ両方とも食べたことはないですが・笑

http://www.fig-baud.com/figuiers.html

このサイトが参考になりますよ。


名言とは恐れ多いです^^;

なおさん様、こんばんは。

名言とはお恥ずかしい。
品の無さには自信があるこのblogですが、たまには深イイ話もぶっこみたいと思います^^


我が果樹園の桃、だいぶ葉も生え揃ってきましたが、成長に違いがあって奥が深いですね。

かじつ畑様、こんばんは。

はじめまして。

Rouge de Bordeaux とRonde de Bordeauxは別物だったんですね。
私、おんなじ品種かと思って、e‐フラワーにケチつけるとこでした^^;

http://www.fig-baud.com/figuiers.html
>このサイトが参考になりますよ。

いちじくのサイト、拝見しました。
まさかのFrenchで、ひるんでしまいましたが、イチジクって品種がいっぱいなんですね。

食べたことないのに、あれもこれもと欲しくなりそうです。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR