山の畑で思いを遂げる

畑の仕事をしていると、きっと現れる土中の友人、眼なく耳なき暗黒の友。ミミズ。

枯葉の下をまさぐれば、ひょっこり現れるこの畑の先生を見る度に、高校時代の同級生の話が蘇る。

休憩時間のバカ話の中で不意に出てきた、『ミミズにオシッコをかけると、男子のシンボルが腫れる』と言う話。
その同級生が言うには、幼い頃ミミズにオシッコをかけたらシンボルの‘先っちょ’が晴れて痛かったとのこと。

もう随分前の話だったので、そこに至る経緯は定かではないのだが、疑いながらも‘先っちょ’だけ腫れるというのが痛ましく、ミミズにはかけちゃイケナイということを今でも覚えていた。


某日。
いつものように畑に行き、アレやコレやとしていると、小を催す。
そこで、自分専用の雪隠(畑の隅にささやかな穴を掘っただけ)に行き、徐ろにタートルの頭を構えると、降り積もった枯葉の下から3cmぐらいの小さな先生を発見。

すぐに尿道を絞り、思案する。
・このままミミズに「放水始め!」をして罰をかぶり、恥ずかしい格好で泌尿器科に行きたいのか?

・百聞は一見に如かず、己の目で真実を、確かめたくはないのか?







もちろん答えは決まっている。
いつやるか。今でしょう!

心の中でこの小さな先生に詫びながら、サラサラと春の小川のように放水。
先生は上へ下へと身をくねらせながら、枯葉の下へお戻りになる。
ことが済んで、お詫びの印にパラパラと土を振りかけて任務完了。

ついに思いは成し遂げられた。
幼き頃からの疑問に自ら挑戦した達成感で、家路についた。


さて現在。
残念ながら罰は当たらなかった。
あの小さな先生には悪いことをしたなぁと反省するが、私のシンボルにはなんの変化もなく、平和に日常を過ごすことができている。


神、空に知ろしめす。
全て世は事もなし。

comment

Only the blog author may view the comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR