壱岐市消防操法大会

こういうことである。


7/13、小雨降りしきる日曜日、壱岐市消防操法大会が行われた。

操法大会と聞いても、一般のお歴々にはさっぱりだと思われる。


操法大会とは、全国の消防団員がポンプ車や小型ポンプの基本操作を習得するために行われ、諸動作の速さや正確さを各分団で競い合う、男だらけの大会だ。


戦後から行われてきたこの操法大会。

日本中の消防団から選ばれたアニキ達が、それぞれの町大会または市大会を経て、県大会そして全国大会へと続く切符を競いあう。


四月、桜が散り始める頃から練習を開始。

蝉の声が響き始める七月の半ばまでおよそ三か月弱。

この操法競技に我が消防団も参加する為、私もサポートで練習に付き合ってきたわけだ。


大会の選手に選ばれた若いメンバーは、各々の仕事が終わって夕方から練習に参加するのであるが、走ったり、整列したり、水かぶったりと本当に大変。

長い間お疲れ様でしたと心より労いの言葉をかけてあげたい。

件の市大会では結果は残せなかったが、みな無事に終わってほっとしている。



ちなみに。

我らが壱岐の消防団。 昔から操法がお上手。

前回の全国大会の優勝チームは壱岐の代表(石田町 山崎の分団)である。

県大会でも何度も表彰台に上がってきている程、伝統的に操法の強さでは有名なのだ。



さて、操法大会については賛否両論ある。

消防団員として、ポンプ車の扱い方や消火の手順を覚えるためには、実際の火事や防災対策の良い勉強になるのだが、大会までの練習が長期に及ぶため、事故や怪我があったり。

仕事後に選手や団員が操法練習行ってしまい、しかも遅くまで飲んで帰ってくる夜もあり、子供のいる若い夫婦などでは、家庭不和の原因になったり。


私んとこのかーちゃんも、とーちゃんが若い時には、消防関係で飲みさらき、ずんだれて帰ってきていた為、消防団に対する評価はすこぶる悪い。

最近の団員は、陸の仕事(リーマンとかコームインとか諸々)が多く、仕事も朝からしっかりある為、そこまで酷い飲み方はしていないが、父親が若いころなんかは団員の多くは漁師。

漁師は自営業であるからして、明日の仕事は自分の体調で決められる。ということで、練習あとの酒飲みはつきもの。

朝まで。

無茶苦茶。


ゲロにまみれてずたぶくろのようになって帰ってきた父に、おカアが鉄拳制裁を食らわせていたのも今となっては幼少の良い思い出。



とまあ、この三か月はほぼ操法練習がメインの生活。

仕事から帰ると操法練習。選手が伸ばしたホースを巻き巻き。

練習あとは風呂に入って、飯食って寝るだけの生活。

はっきりいって、あまり果樹のお世話ができなかった三か月。


台風8号は幸いにも大きな被害はなく、ブルーベリーやイチジクの木々は元気。

ただ、梅雨の前半は前年のような空梅雨で、雨乞いでもしようかというほど雨が降らなかった壱岐地方であるが、台風前からは梅雨前線が活発で、大量の雨が降り続き、ブルーベリーのもみ殻マルチが流されまくっている。


バタバタとした春夏であったが、ようやく果樹のお世話ができる。

しかし、まともにできる時間ができたと思っても、すでにこの暑さ。

間違いなくお山の畑は危険がいっぱい。


熱中症・やぶ蚊・アブ・スズメバチ・etc….。

対策はばっちりで畑に向かう所存。



20140705_113150[1]_convert_20140717230624

夏の使者。なぜか逃げない。




20140601_154409[1]_convert_20140717225804

果樹の仇。

励まないでほしい。


comment

Only the blog author may view the comment.

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR