桃の花の美しさに痺れる


ぽかぽかと暖かい春の午後。


春霞を鼻穴全開に広げて吸い込みながら、山の畑へ。


※春霞ではなくただのPM2.5だった。不健康。








20140324_155559[1]_convert_20140324172215

手の上の旦那。



旦那 「果樹園南西に敵機発見。発見次第、捕獲せよ。」

私 「ラジャー」











20140324_141327[1]_convert_20140324171347

お食事中の敵機発見。


私に気づいて固まっている。


ブルーベリー、オクラッカニーのようやく出始めた新芽を貪るとは言語道断。


早々にご退場頂く。



暖かくなるにつれ、増える毛虫。


果樹に目がいかないようにと、他の雑草も生やし放題にしているというのに。


もみ殻のマルチを越えてまでわざわざブルーベリーの樹にやってくるというのは、この樹の新芽はそれ程に美味いのであろうか?














20140324_140957[1]_convert_20140324171013

桃、ジャンボ白鳳の花。


植え付け一年目で花咲かせるのがいいのかはわからないが、どうしても花姿を拝みたく、摘蕾せずにこの日を迎えた。


もうほんとにすごく綺麗。



八重咲きの桃の花(ひなのたき)は見たことがあったが、一般的な一重咲きの花をまともに見たのはこれが初めて。



桜よりも大きく、薄桃色にたなびくベールのような花びらはなんとも可憐。

毛虫探しを途中で止めて、暫く見入ってしまった。

私の携帯画像ではこの綺麗さを伝えきれないのが残念。

(育ててる人間の贔屓も入っているが)

買ってよかった国華園。












20140324_141016[1]_convert_20140324171053

桃、武井白鳳の花。


太陽に向かって広がる花の美しさよ。


私が購入した、国華園の桃苗の中では一番の成長株。


今年も元気に育ってほしい。












20140324_141053[1]_convert_20140324171155

桃、ひなのたき。


枝垂れる枝先に、あの大きな八重の花が咲くまでもう一息。












20140324_141147[1]_convert_20140324171309

シバザクラ。


眩しいピンクで目がおかしくなりそう。












20140324_141501[1]_convert_20140324171418

シバザクラ全体図。


カメラ手前の東側より、西側の方が花咲きが早い。


これは、推測するに東側にある大きな楠の木が陰になっている為、日照に差が出ているのではないかと。





一年前、はらわたが弾けるくらいに果物を食べたくて、果樹がメインの畑を作った。


果樹の花など大して興味はなかった。



しかし、今日、桃の花の美しさを目の当たりにし、その花の輝きに触れ、これからももっと多くの花を育てたいと考えるようになった。


花を大切に育てる人の気持ちが少し分かったようにも思う。


自分が育てた植物が、美しい花を咲かせてくれた時の喜びは何物にも代えられない。




果樹園が主体の我が畑。


ジャスミンやバラの苗木も育っていることだし、お花畑のような果樹園を目指すのもいいかもしれん。














20140324_163352[1]_convert_20140324172248

畑の帰り、坂道を降りた道沿いに咲いていた花。


花びらに、一滴のグリーンがチャーミング。

名前はなんと言ったかな?

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

去年小豆育てて思ったんですが、
周りに草ぼうぼうの方がメインの物に害虫が沢山きますね(汗
周りの草刈ったらかなり量減ったんで。

それにしてよくこいつらは芽が出てる所をかぎつけてきますよね・・
知らない間にアブラムシやら毛虫やらが大量についてると驚きますわ・・

No title

桃の花・・綺麗ですね~ うっとり~

芝桜も、一面に広がると見応えがありますよ~
楽しみにしています! 
広がったら・・アップにしてくださいね。v-410

最後の

お花はスズランスイセン(スノーフレーク)ですねw
好きなお花です。ほしいw
まだ梅も咲いてないのですが、近所に一か所だけ、シバザクラが咲いているところがあります。ぽつぽつだけど。
そこは年末から咲いていた…。
なにが作用してのことなのか、よくわからないのですが、
植物なりの理由があるのでしょう…。
(手の上の旦那さん、こんちはw)

No title

桃の花も可憐でいいものですね。
我が家でも今年初めてアーモンドを導入したのですが、先週咲いた花が思った以上に綺麗でした。
愛らしい淡く可憐で和っぽい花。
果樹はなる実に目も思いも行きがちですが、
咲かせる花もなかなかにいいですね。

No title

ホントに不思議ですねえ。。。
私も当初は花なんて・・・と思ってたんですが・・・。f(^^;)

うちの芝桜は、蕾も無いですから、芝桜も羨ましいです。(涙)
手乗りカエルも可愛いですね。f(^^;)

No title

こんにちは。

もう桜や桃が咲き始めてますね。
毛虫が出てくるのはあまり嬉しくありませんが…
お花畑のような果樹園っていいですね。
どうせ植えるなら、実だけでなく花も楽しみたい
ですよね^_^

こんにちは

暖かくなって色々と害を及ぼすものも
出てきましたねぇ。
私は気付かずナメクジを触ってしまって
ギャ~!でした(ーー;)

タヌキはナニ以外に、
どんな悪さを仕掛けてくるのでしょうか?

〇〇の上の旦那、次は何の上に
鎮座されるのか楽しみでございます。

Re: No title

椎たけ夫様、こんばんは。

害虫、すでにかなりの数が出てきましたねぇ。
カエルやアシナガ蜂がちょいちょい目につくようになったんで、
私が不在の際には、徹底的な駆除をお願いしたいところですわ。

暑さと虫に悩まされる季節がもうすぐ来るかと思うと、
春の暖かさに、浮かれてばかりはおれませんです。

Re: No title

みやこ草様、こんばんは。

桃の花がこんなにきれいだとは知りませんでした。
樹が小さいのでたくさんの花は咲かせられませんが、
大きくなって満開になった桃の木を想像したらほくそ笑んでしまいますよ。

芝桜のピンク色。
泥色一色の畑に一服の清涼剤となってます。
(清涼剤というより、オネイチャンのいる店の色か?)

Re: 最後の

きくちゃん様、こんばんは。

スノーフレーク!検索したら一発で出たし。
ご教授、ありがとさんです。

植物ってたまに狂い咲きする時がありますよね。
私のクチナシも変な時期に花を咲かせてましたもん。
環境の問題か気温の問題かはわかりせんが、
無事に育ってくれるならよしですわ。

Re: No title

ながお様、こんばんは。

アーモンドの花。調べたら桃そっくり。
そりゃそうだ、同じバラ科の植物でした。
モモと同じ、薄桃色の花びらが綺麗で可愛らしい。

食いしん坊の果物好きが昂じて、山の荒地を開拓し、
果樹の苗木ばかりを集めてみましたが、ブログを通じて出会う
花の美しさに、心奪われて。

果樹の間に花園なんぞこしらえようかと思案中です。

Re: No title

akkyan 様、こんばんは。

花いいですよね。
うちはようやく、ブルーベリーの開花が始まりそうなんで楽しみにしよります。

そちらの芝桜、どうしちゃったんでしょうかねぇ。
長く栽培していたら、株元が木質化して育ちが悪くなるって聞いたことがあったのですが、
どうなんでしょうねぇ。
今の時期から園芸店で芝桜安売りとか始まるから、思い切って総入れ替えとか(オイオイ)

Re: No title

ふりすきぃ様、こんばんは。

花が咲き、新芽が出始める頃は春の喜びを一番に感じる季節ですが、
それと同時にお虫様の活動量も広がり始めるので、うかうかとはしておれませんよ。

>どうせ植えるなら、実だけでなく花も楽しみたい
最近の私はまさにその心境。

「魔の書」こと園芸カタログを見ても、花のページから見る始末。
日々、花の色気に惑わされています。
果樹をこれ以上植える場所がないってのもありますが^^;

Re: こんにちは

paya様、こんばんは。

ナメクジ、たしかにあのぬた~っとした見た目と触り心地は、
嫌いな人にはたまらなく不快でしょうね^^

私はそれほどなめちゃんをどうとも思わないのですが、
山によくいる「山ナメクジ」はさすがに触りたくないかなぁ。
10cm以上の大物もたまに見るのですが、
思わずご立派と言いたくなるような逞しさです。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR