MEMORIES  猫との想いで




ねこ

猫は可愛い。


大人の猫の、しなやかで滑らかに動く体は羨望に値し、子猫の愛嬌は反則的だ。




猫の瞳は深遠である。


暗い所で見る彼らの眼は黒く大きく、深い。



以前、某作家が猫の瞳はタゴールの瞳に似ていると書いていた。


タゴールの瞳と同じなら、彼らは自由気ままな賢者であろう。




私の家は漁師町にある。


猫は町の至る所にいる。


今までに自宅で猫を飼ったことはないが(婆さんが文字通り毛嫌いする為)、玄関先で魚を下ろす際には、おこぼれにあずかろうと、順番待ちのように仲良く並んでいる光景をよく見たものだ。



ときにはベランダから我が家に侵入し、膝にすりよって来る人慣れした猫もいた。


綺麗な顔をした、若く愛らしいメス猫。


人間なら絶対美人だと思えるタイプ。


つんとした感じはあまりなく、良く慣れていたから誰かが育てていたのかもしれない。



たまに来ては、私の愛情(餌)をねだる彼女。


宝石のように輝くつぶらな瞳をした幼い私(幼い頃ですから)は、せっせと家の冷蔵庫から刺身をやったり、膝に抱えて優しく撫でてあげたり、お尻の穴にブラックモンブランの棒を指し込んだりと、それはそれは可愛がったものだ。



だが、可愛いとはいえ普段は外で暮らしている無宿人。

いや無宿猫。


外での暮らしはさみしいのか、彼女は一匹では来ずに、来てほしくはないお友達まで連れてきていた。




蚤である。


私、人生で初めてぴょんぴょん跳ね飛ぶ蚤を見ましたよ。


昔のアニメで見た蚤のサーカスよろしく、凄いジャンプ力。




しかも彼女。


交際が多いのか、蚤だけでは飽き足らず、ダニまで連れてきていたようで、足に赤いぽつぽつが。


絶望的なまでの痒さ。



大人のお遊びであるなら、はよ病院行けであるが(泌尿器科に)、何も知らないお子ちゃまである私。


そのことを親に伝えると。


めっちゃ怒られる。家に猫入るんなと。



すぐに、親から屋内猫侵入禁止条例が発動。


あの子と私の蜜月は、束の間のひと時であった。





さて。


これだけ可愛い可愛い猫可愛いと言いながら。


この時期の猫だけは可愛いと思えない。


なぜか?




それはノラ猫の恋の季節だから。


猫の発情期について詳しくは知らないが、春のこの時期、深夜になると決まって赤ちゃんが発狂したような、喜びに身悶えする女子のような凄まじい猫の鳴き声。



本当にうるさいったらない。


夜中の1時によがり声を出されても、朝から出勤の私にはムラムラどころかイライラするだけである。



はやく猫の恋が実りますように。


そして安眠できる日が来ますように。

今夜も私は布団をかぶり、猫の恋愛成就を願う。


comment

Only the blog author may view the comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

No title

こんばんは~
そんなに大勢の猫にゃんがお外にいるの?
さぞかし賑やかでしょうなぁ。。
夜眠れないのはしんどいですが、
なにとぞお許しくださいませ!
猫にゃんに代わってお願いですw

こんばんは

ブラックモンブランって、
九州人以外にも通じるんかな?
でも、可愛いと言いつつ、そりゃ虐待ではe-263
アメとムチってやつですか?

正直言うと

うちには猫さんに来てほしくないですw
だって、、掘るし、お土産あるし…。
それがなかったら、寛容になれるんですけど…。
多少、鳴いても気にしません…。
(考えれば不思議、昔は野良犬もいたけど今いない…。猫が野良で生き延びれるのは、犬より可愛かったから?)

Re: No title

なおさん様、こんばんは。

猫はいますねぇ。
平和な島で順調に繁栄していらっしゃいます。

ただ、島のネコはのんびり屋が多いのか、危機管理能力が低いのか、
道路で車に轢かれているのをたまに見ます。
車を走らせるたびに、残念な気持ちになりますよ。

Re: こんばんは

paya様、こんばんは。

竹下製菓が誇る銘菓ブラックモンブラン。

私、このアイスのうまさは某ハー〇ン〇ッツに匹敵するんじゃないか、
と考えているんですが。(多分言い過ぎ)
当時は100円あれば二本は買えたのに、今じゃ一本しか買えない。
高級品になりましたよ。

>でも、可愛いと言いつつ、そりゃ虐待ではe-263
アメとムチってやつですか?

幼い私の溢れ出す想いが、あのような歪んだ愛情表現になったのでしょう。
もちろん挿した後、猫パンチ&爪攻撃をくらいましたが。


Re: 正直言うと

きくちゃん様、こんばんは。

花壇をお持ちの方なら、猫のブツは迷惑でしょうね。
幸い、わが果樹園には来ていらっしゃらないみたい。

でも、猫でなくても苗木を掘ったり、お土産を残す方はいらっしゃいます。
まあ、動物にしてみれば、本能の赴くままなんでしょうけどね。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR