ブルーベリーを新規導入


春の足音が聞こえてきそうなほど暖かい、麗らか日和。






20140126_163804[1]_convert_20140126192108

某大手ブルーベリー苗木会社に注文しておいたブルーベリーが届いた。







20140126_164202[1]_convert_20140126192148

ラビットアイ品種、オクラッカニーの三年生。








20140126_164320[1]_convert_20140126192211

泣く子も黙るPVP(Plant Variety Protectionの略かしら)。




この品種はパテント品種と呼ばれるもので、勝手に挿し木を増やしたり人に譲渡できないように、契約を交わすことが必要。


以前はこの苗木業者で購入する際、パテント品種に限っては10本以上でないと購入出来ないようになっていた。



経営目的での栽培なら話は分かるが、素人の趣味栽培で、同じ品種を10本以上購入という決まりに抵抗があり、今まで手を出さないでいたのだが。


いつの間にやら1本からでも購入できるようになり、今回、私のブルーベリー部隊に選抜した次第である。




私の住んでいる地域は比較的温暖で、冬場でも0℃を下回る日が少ない。


本日も昼間は15℃くらいまで温度が上がり、ズボン下に履いたヒートテックは、暖かいを過ぎて暑さで蒸れ蒸れに。



そのせいだろうか、寒冷地に向くノーザンブルーベリー品種のヌイ・プル・レカのニュージーランド勢が弱りまくり。


暑さに強いラビットアイとは裏腹に、成長が悪い。

(昨年夏の暑さと水不足が影響と思われる)



やはり適地適作である。


暖かい地方には暑さに強い品種を。


なおかつ美味さに定評のあるこの品種なら、きっと我が愛に応えてくれるにちがいない。





まずは根っこのチェック。





20140129_140120[1]_convert_20140129210341

底までビッチリ張った根。



これをバケツに汲んだ水でジャボジャボ根洗い。


ブルーベリーを植え付けるときは、この根っこ洗いを十分に行った方が、その後の経過がよいみたい。


底まで巻き付いてコンガラガッタ根っこを、優しく激しくびちびちと引き外していく。


しかし、この幼苗、有名業者さんだけあって、根っこの張りが素晴らしい。


腋毛のようなもじゃもじゃの根っこがでたら、今度は用土に植え付け開始。




植え付け用土は以下の配合。


ピートモス:5割


針葉樹皮:2割


もみ殻:2割


パーライト:0.5割


鹿沼土:0.5割






20140129_144455[1]_convert_20140129210520

ざっとこんな具合。



本当はもみ殻と針葉樹皮の割合を増やして、少々値の張るピートモスの割合を減らしたかったのであるが、失敗したくないので、あえて栽培書に従った基本的な用土にしたつもり。


パーライトは通気性というより、コガネムシの幼虫予防の意味を込めて混ぜてみた。量が少ないのであまり大した効果はないと思われるがはてさて。


2本の幼苗をそれぞれ植木鉢に突っ込み、優しく用土をぶちまける。



20140129_152122[1]_convert_20140129210602






さて。


定植地について。



前回、ブルーベリー畑で剪定を行っていた際、悪魔のような子供に苗木をボコボコにされた。



このまま、あのケルベロスのテリトリーに植え付けるのはちょっと勇気がいる。



そこで今回の新規ブルーベリーは山の畑に植え付けることに決定。



今日植え付けた植木鉢は借りの住まいである。





今まで山の畑にブルーベリーを植え付けなかった理由。


それは水源が確保できず、夏場の水遣りが満足に出来ないことが原因であった。


しかし、せっかくの新規品種、しかもラビットアイの中では評価の高いオクラッカニーを、既存のブルーベリー畑に植えても、あのチビどもにしばき折られる可能性が高い。


子供の悪戯で命を失うくらいなら、過酷かもしれないが山の畑で育てよう。



用土の都合で山の畑への植え付けは後日になる予定。


昨年の、燃えるような夏を思うとアゴが出そうになるが、多めのマルチングと出来る限りの水遣りで、気張って育てていきたい。




玄関先で簡単に果樹栽培が出来ると思われている(ふしがある)
ブルーベリー。


しかし、根っこが細く、また地中に浅く張るために、水切れに弱かったり、用土は強めの酸性が良かったり、通気性を良くしなければいけなかったりと、何も知らない素人さんが育てるには意外とハードルが高いのではないかと考える。


暑い真夏に水遣りを怠ったりしたら。


致命傷も免れないことがあるブルーベリー。


なかなか繊細な果樹である。


だが、あの可愛い小花と愛らしい果実を思えば、栽培への希望は尽きることが無い。



明日、世界が滅びるとしても、


今日、私はブルーベリーの木を植える。


comment

Only the blog author may view the comment.

No title

昨年の夏の過酷な様子を覚えておりますが・・
草もボウボウ・・何やらの鳥の巣・・・大きな蜂の巣の処理。。。

いづれも、大変な夏の状況下で 大変かもしれませんね~
私なら、お家の庭で囲いをします。子供よけ用として・・v-411

Re: No title

みやこ草様、こんばんは。

>昨年の夏の過酷な様子を覚えておりますが・・
>草もボウボウ・・何やらの鳥の巣・・・大きな蜂の巣の処理。。。

そうなんです。
真夏の地獄絵図のような畑を思い出すと気が遠のいてしまいますが、
むちゃくちゃする子供がいないだけましかと思いまして。

この判断が吉と出るか凶と出るか。
一年間のお楽しみです。

ブルーベリーって

確かに、ちょっと面倒w
我が家にも、一応ありますが、大きな鉢にしてます。
土の都合上、で、ほぼ放置なので、あまり実が生りませんw
ブルーベリー園に行くと、土がふかふかで、
ああじゃないと、ああいうふうに実らないんだろうなと…。
(だから、、ナツハゼでいいや、って、思ってますw)

高い苗は、それなりの価値があると思います。
今年の実りに期待w

No title

ブルーベリーは我が家にも植えていましたが、
いつの間にか旦那が撤去。

今は旦那の実家で何本か生育中です。
実が熟す前に鳥に食べられちゃって、
人間さまのお口にはなかなか入りません。
(最近はネットをかぶせたりしてあります)

花も実も可愛いですもんね(*^_^*)

そういえば、旦那さまはさくらんぼは植えていらっしゃいますか?
1本で実が生るとうたってあったので購入したのですが、
なかなか実がついてくれないのですよね・・・(-_-;)

Re: ブルーベリーって

きくちゃん様、こんばんは。

そちらは鉢植え栽培なんですね。
ブルーベリーは用土の都合で、一般的な庭植えをするなら
他の植物と同じ土では育ちが悪くなりますもんね。

毎年この時期ぐらいになると、春咲く花と夏の果実を夢を見てしまいますよ。

Re: No title

paya様、こんばんは。

ブルーベリーが実ってくると、たちまち鳥に狙われるのはどこも一緒ですね。
今年はばっちりネットを張って防御しようと考えております。

>そういえば、旦那さまはさくらんぼは植えていらっしゃいますか?
>1本で実が生るとうたってあったので購入したのですが、
>なかなか実がついてくれないのですよね・・・(-_-;)

私、サクランボは育ててないんですよ。
サクランボ栽培は難しいと聞いていたし、暖地では育ちが悪いとか聞いて。
暖地桜桃って、暖地でも育てやすいサクランボの品種もあるみたいですが、
ちゃんと育てられるか自身が無くて、未だ手をつけておりません。

No title

pvpのって管理場所まで契約になるんではなかったですか?
移動するのも大変とかなんとか言う話だったので、
私は全く手を出そうと思わないんで・・(汗

私も去年の大関苗買いましたが、
根っこの状態はやはりよかったですね。
ここ最近ほとんど手をかけることができないせいか、
あんなにいい根はりとはいかず・・・
やっぱりどれだけ手をかけられるかですね(汗

Re: No title

椎たけ夫様、こんばんは。

PVP苗木、大まかな制約として増殖・譲渡・植栽場所は日本に限定、
以上が挙げられてますね。

今は植木鉢に借り植えしていますが、もうすぐ山の畑に植え付け予定です。
たしか、一度土地に植えつけたら、苗が枯れるか寿命がつきるまで移植はさせてはいけないみたいなこと、
どこかで見た覚えがあります。

オクラッカニーに関しては、挿し木したり、人に渡すつもりもないので、山の畑を終の住処として
大事に育てないとおもっとります。

私も今年こそは、豊年満作といきたいものです。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR