葛に敗北した我が愛刀

壱岐は葛が多い。

葛は森の木々に絡みつき、木を支えにどんどん成長して木の覆い尽くす。葛に絡みつかれた木は十分に日光が当たらずにやがて枯れてしまう。

我が果樹園も葛のツルや根がいたるところに伸びまくっており、これが可愛い桃やスモモの樹にちょっかいを出しては大変と、愛刀『利五郎』を携えて葛退治を行った。

iPodの曲はワーグナーのワルキューレ。ボリュームは高め。
気分はすでにUH-1ヘリを率いるキルゴア中佐。

葛のツルは大人のふくらはぎよりぶっとく逞しい。
果樹園の周りの木々にも容赦なく巻きつかれ、哀に枯れ果てた姿を見せるものも数多い。

フフ、“今宵の利五郎は血に飢えている”、喰らえ乱れ雪月花!!

ゴリゴリゴリ

ペキン!!

!?















一本焼入利五郎


なんということでしょう。

我が愛刀の刃先が、ペキンと乾いた金属音をたてて折れた。
まさかの出来事に唖然。
太いとはいえ葛のツルぐらいで折れるぅ?

この三ヶ月間、風強い曇天の日も、穏やかな日も一緒に果樹園を切り開いてきた。胴体ぐらいでっかい木も切り倒してきた利五郎が、葛のツル切りぐらいで逝ってしまうとは。

しばらくどうしてよいかわからず畑で呆ける。

そういえば、木を切り倒す際に何度も利五郎を木に挟み込んだことがあった。
木が倒れるその瞬間に挟み込まれて、引っこ抜く度に血圧が振り切れそうになった。倒れる木の圧力で押されて金属部分が弱っていたのかもしれない。
もっと樵skillを磨いておけばよかった。


三ヶ月の短い命であったが、よく働いてくれた。今後は家の工具箱の中で余生を過ごしなさい。
箱の中で、六角レンチとお見合いでもさせてやることにしよう。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

大事な道具が壊れてしまうのは辛い事ですね。
「先っぽだからまだ使えそう」もったいながりなもので、、、(失礼)

No title

伊東ファームのクイムシ 様、こんにちは。

実はまだ使ってます^^;
先が折れただけで元はしっかりしてるから、しばらくは現役で頑張ってもらおうかと思ってます。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR