聴くユンケル

寒い畑で、体をぬくめたい時に素晴らしい効き目。

まずはサブちゃん、『北の漁場』



youtubeのコメントに「凄まじいほど気合が入るぜ」とあったが、言い得て妙である。
サブちゃんで、なまった体にエンジンをかけ、

次に、都はるみで『北の宿から』



この曲で、女の切なさを身にしみて感じ、


次の細川たかし、『北酒場』



この歌で、長い髪の女に惚れ、


続く石原裕次郎、『北の旅人』



広い北海道にいる“愛しいしと”を想い、


トドメの森進一、『北の蛍』



女の愛情の深さ、情念の嵐に胸をうち震わせるのである。

この『北の』シリーズ。
聴いていると、カラオケに行きたくなるという副作用がついており、誰もいない畑の真ん中で、一人ぼっちの歌謡大会が始まっている。

comment

Only the blog author may view the comment.

03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR