夕陽のあたる丘@一周年


ブログを初めてから、本日で一年になる。


思えば、一年前の山の畑は、ジャングルとしかいいようがない程の荒地であったが、汗にまみれ泥にまみれた甲斐もあり、とりあえず果樹畑と言えるほどに成長したと思う。



ブログを始めた理由は、栽培記録としての覚書程度、ほんとに些細な理由であった。


しかし、この一年間、たくさんの方に来訪していただき、ありがたいコメントや励ましを頂戴した。


いずれも会ったことのない、いわゆる他人様なのであるが、日本全国には色々な家庭環境の人がいて、色々な問題や悩み、そして希望を胸に、自分と同じ時間の中で生きているのだと思うと、インターネット上でのお付き合いとはいえ、感慨深いものがある。


なんにせよ、いつも来てくださって有難うございます。





我が夕陽のあたる丘の果樹畑も、二年目の春を迎える。


果樹栽培の素人がどこまでいけるかわからないが、冬の寒さ、夏の暑さ、虫や獣の妨害にも負けず、楽しい園芸ライフを続けていきたい。



この寒い二月の北風も、やがては柔らかな日差しが降り注ぐ花の季節に移り変わる。


花咲き乱れる春を夢見つつ、今しばらくは寒さを堪える。










kaeru_152711[1]_convert_20140206230640

顔が寒い。


01 | 2014/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR