スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春一番 一番桜

春一番。


こう聞いて何を思い浮かべるか?



ある人は、キャンディーズの某有名歌謡曲を想像し。


ある人は、元気ですかーー!の某有名?芸能人を心描くであろう。



どちらも正しいが今回は違う。



春の到来を告げる大風のことである。

(猪木の方を想像した人とは友達になれる自信がある)





先日のニュースで、全国的に春一番と呼ばれる暖かな南寄りの大風が吹いた。


毎年、この季節になるとやってくる春の風物詩。




言葉の語感を聞けば、キャンディーズの歌の影響もあり、希望に満ち溢れた、華やいだ清々しいイメージを持たれるかもしれない。



しかし、私の住んでいる壱岐には、こんな話がある。



安政6年(1859年)2月13日、長崎県壱岐郡郷ノ浦町(現・壱岐市)の漁師が出漁中、おりからの強風によって船が転覆し、53人の死者を出して以降、漁師らがこの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったと紹介している。


一方、長崎県では、この事件以前から郷ノ浦町で「春一」と呼ばれていたものが、事件をきっかけに広く知られるようになったとしている。


この故事により、1987年(昭和62年)に郷ノ浦港近くの元居公園内に「春一番の塔」が建てられている。


>春一番 Wikipediaより一部抜粋。



春一番の語源は他にも諸説あり、実際どこが古いかはよくわからないが、気象庁の発表では当地のこの海難事故が例に取り上げられている。





壱岐は郷ノ浦の元居港から出航した七隻の船。


漁師が向かっていたのは、同じ長崎県内にある五島。


江戸時代の船が、およそ80キロも離れた五島まで行くというのだから大したもんである。



今の時代のようにエンジンなどない、人力のみの櫓漕ぎ舟。


ソナーもレーダーもないまま、感と経験を頼りに玄界灘を進んでゆく。



想いを馳せれば、その時代の船乗りが持つ海洋航海能力というものは、現代人には及びもしないような、大変に素晴らしい技術であったと考えさせられる。



そんな航海の達人たちでさえ。


自然の脅威には逆らえず、155年前のこの季節、海の藻屑と相成った。





現在でも船の海難事故は変わらず起こっている。


私のご近所さんにも、漁の最中に波に飲まれ、帰らぬ人となった方がいる。




船での事故では遺体が残らないことがある。


波に飲まれて、大海の彼方へ流されるから。


身元不明のまま、線香をあげる家族もあるのだ。



ある船の故人は、海に落ちた際に、もうダメだと悟ったのであろう。家族に迷惑がかからぬようにと、船から垂れたロープに腕をきつく巻きつけて、体を波に流されないようにして、亡くなっていたらしい。


その船の壁面には、必死に船上へ上がろうともがいた、彼の爪痕が幾つも残っていたと、父が話してくれたことがあった。



板子一枚 下は地獄とはこのことである。



そのこともあって、私にとっての春一番は、ちゃらちゃらしたイメージというより、追悼の風の印象が強い。







さて。


春一番は吹き終わり、私の果樹園には一番桜がお目見えし始めた。









20140315_142032[1]_convert_20140320005107

2014年のシバザクラ。





春一番のぬくい風に誘われたのか、こちらの嫌なお方も。







20140305_144710[1]_convert_20140311211016

スモモの太陽でちらり。









20140305_144220[1]_convert_20140311211056

スモモの大石早生でほらり。


春の弥生のこの良き日、なによりも嬉しくないお客様。

早速ご退場頂いた。










20140305_160155[1]_convert_20140305230522

樹の上の旦那。



冬眠明けで蟻だか小虫だか喰って腹がパンパン。

地上戦における害虫駆除担当は貴君にお願いする。

スポンサーサイト

丸刈り芝桜 畑の恋人たち

仕事帰りに畑へ直行。

天気良すぎて、夕日がまぶしい。

桃に誘われ、スモモに呼ばれ、今日も出てゆく春の山。


いつもの果樹の見回りの後、芝桜の刈り込みを行った。

芝桜は、花の期間が終わった頃に、伸びてきた葉を刈り込むことで、梅雨時期の風通しをよくし、蒸れて枯れるのを予防できるという。

来年の春にまた、もっさりと花開いていただくため、綺麗に散髪を開始。

剪定バサミを使ってみたが、スピーディにことが運ばない。

予め持参していた、100均ハサミでサクサク刈り込んでいく。


二月中旬に植えた当初は、ほんとに小さなポット苗であったが、葉や茎も広がり、元気に育っており、感慨深いものである。

ただ、植え付け当初に比べ、いささか葉色が薄くなっているような。

花後には少量の肥料を与えたほうが良いとのこと。

少しだけ、家にあった油粕でもやっておきますかな。

切り取った茎は、家に持って帰り、挿し木にチャレンジしてみよう。


昨日も来た、山の畑。

山々の木々、果樹園に生える草花の清涼なこと。

夕陽に照らされる、新緑の木々の輝き。命の輝き。

そして、その新緑の下では、小さな恋人たちが、つかの間の逢瀬を楽しんでいる。


513 バッタのアベック

バッタのアベック。
カメラを近づけても動じない肝の太いメス。あっぱれ。

513 コフキゾウムシのアベック

コフキゾウムシのアベック。
近づく私に怯えながらも、離れぬ二人。


(オス)二人のこころは 沈む夕日に まっかかに染められて

(メス)おらでええのか

(オス)おら、おめえでええてば

(オス&メス)愛の花咲く 果樹畑

知らず頭の中で、農家の恋歌『麦畑』が鳴り響く。不思議。


夕陽が落ちるまで、何をするでもなく、畑でぼんやりするだけで、落ち着く。

職場の上司が言っていた。

土に触れていると、心が穏やかになると。


海や山、自然の中で、人が子供のように無邪気に楽しめるのは、自然が持つ、目に見えない偉大な力のせいだろうか。

草木や昆虫、魚や動物に触れることで、人の中の自然とつながろうとする波長があるのだろうか。


513 沈みゆく夕陽

沈む夕陽を浴びながら、沈思する。

なんとも贅沢な大人の時間。

桜咲く春

今年の桜は例年より早く開花とのこと。
季節行事も前倒しになるなどのニュースがちらほら聞かれる。

しかし、我が果樹園で桜といえば芝桜。名奉行といえば遠山桜。

20130324_145215[1]_convert_20130324221125

本日、一番ザクラの開花を確認した。

桜の花言葉は、『純潔』『精神の美』『優美な美人』などなど。

種類がいくつもある為、品種ごとに花言葉が違っているが、イメージとしては内面的な美しさを表しているようである。

対して芝桜(フロックス)は、『臆病な心』『合意』『一致』『忍耐』
『燃える恋』『華やかな姿』『一筋』などなど。

こちらも品種毎に意味が違うが、桜のように美しさを意味する言葉が無い。これは花びらの色が様々で青・白・赤・ピンク色などあり、花の持つイメージが広すぎるからか。

にしても、臆病な心で燃える恋とは、たいそう心にお秘めになっておりますなぁ。

桜の花びらは桜色と呼ばれ、春を感じる穏やかでやわらかな色であるが、我が芝桜ダニエルクッションのそれは真っピンク。

派手でショッキングすぎるピンクがネオン街を思わせる。
桜色などやさしいものではなく、少々どぎつさを孕んだ股間に訴える色である。


今はまだ数が少ないため、果樹園の中では目立たないがこれからモリモリ増殖させて、地元の景観を壊すような、ハレンチ果樹園を目指していこうと考えている。

芝桜も霞む白昼夢の世界

今日の壱岐は、朝から白い絵の具を溶いたように、目に映る景色が霞んでいた。

319空が白い

杉花粉なのか、今話題のPM2.5かわからない。
晴天の小春日和、島全体がひねもす白昼夢の中に浮かんでいた。


果樹園に植えた芝桜。
春の陽気に誘われて、濃い桃色の花びらを広げようとしている。

319シバザクラ1

319シバザクラ2

319シバザクラ3

小さいながらも少しずつだが、変化の訪れを感じることができて中年の頬も緩む。


果樹園に咲き乱れつつあるウラシマ草。
ミシミシと音が聞こえそうなほど、凄まじい速さで成長中。

このウラシマ草、燦々と太陽が照りつける場所に生えているのは成長が遅く、しかもやや廃れ気味。
反対に果樹園の端にある、あまり日あたりの良くない小路に生えた群落は、素晴らしい成長率。
どうやら日陰がお好みのご様子である。

319ウラシマ草軍団


319ウラシマ草でかい

319ウラシマ草長靴

このウラシマ草、ネットで調べた画像に比べて葉が大きく、葉の形も違っている。
すわ新種!?とほくそ笑んだが、よくよく調べ直してみるに、武蔵鐙 (むさしあぶみ)と言うよくある品種だとわかってがっくり。
まあ当然っちゃ当然ですな。


家に帰ると地元のニュースで壱岐市のPM2.5が国の基準値である1日平均値 35μg/m3を超えて午前5~7時の平均濃度が、1立方メートル当たり94マイクログラムだったとのこと。
7時には最高103マイクログラムを観測したらしく、ちょっとした大気汚染。
外出は控えるようにとの放送もあったらしい。

お空が白くて幻想的だわなんて言いながら、せっせとお外で惚けていたおじさんは今、後悔している。


グランドカバー

いつも車で通り過ぎる家の軒先に、4月になると地面いっぱいに、可愛らしい花を咲かせる背の低い植物があった。

春になるたびに、穏やかで綺麗な感動を与えてくれるその花の名前を最近知った。

芝桜1

芝桜2

芝桜。
某有名芝桜専門店で、18P入り、3900円。
品種はダニエルクッション、目にも華やかなドピンク仕様である。
成りは小さいながらも、葉色も艶があり、ポットの穴っちょから白い根っこをビンビンに出してヤル気マン満々。元気があって大変宜しい。



果樹園のグランドカバーをどのようにするか?大いに迷った。
基本的には、草刈を徹底的に行い、害虫を避けるために薬剤をぶっかけるのがセオリー。
しかし、草刈は面倒だし、農薬も面倒くさい。
野にいるカマキリや蜘蛛やムカデなどの、人間の勝手な解釈で、可愛がられたり嫌われたりするアウトロー達まで住めない環境になってしまう。

そこで、草生栽培を発見。草で草を抑制することが出来る!素敵!
クローバー草生やら、ナギナタガヤからヘアリーベッチにダイカンドラなど、グランドカバーにあう植物を調べ上げた。

色々とネットの海を彷徨うちに、迷いに迷う。
そして、どうせなら以前から気になっていたアイツを使ってみれと今回の購入に至ったわけである。

経営栽培ではない、素人の趣味だから出来る無謀であろう。
またしても、草生栽培という当初の目的を忘れてしまっている。
芝桜が草を制する前に、夏の草刈で私が草に制されている姿が目に浮かぶわ。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。