スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっきり果樹園 クチナシは可憐に咲く

前年の夏の暑さといったら。

そして、畑に蔓延る雑草の逞しさと言ったら。




やぶ畑

2013年夏の画像。畑は緑のジャングル。



昨年は、山の畑を開墾して初めてのシーズンゆえ、夏場の雑草にこれほどまでの勢力があるとは思いもよらなんだ。


背丈近くにまで生い茂り、アブラムシを大量に発生させていたセイタカアワダチソウ。

絡みに絡んで訳がわからなくなった葛のツルのいやらしさ。

私の可愛い果樹を覆い尽くす緑の壁。


鎌で刈ってもすぐに伸びあがる草の勢いに、へとへとになったことを思い出す。

もう二度とあんな思いはごめんだと、親父に愚痴を申し上げていたある日。


「今かぃ、草刈いこうや」と父。

普段、私の趣味になんの興味も示さないこの男がなぜかやる気に。


こうして親子二代で、お山の果樹園の草刈開始。



この日は6月の下旬であったが、草は膝丈を超えて腰までボーボー。

凄まじい繁殖力で伸びまくり。

いやはや雑草の勢いは素晴らしい。

夏の全盛期にはわが畑を緑のジャングルに戻す算用であろうか。



木陰に荷物を下ろし、どこから捌いていくかを計画して、いざスタート。


親父が草刈機で草を刈り散らかす。

刈り飛ばした草を私が集める。


雑草とはいえ水分を含んだ植物は結構な重量。

しかも、まとめた草からは、蜘蛛やらムカデやらが諸々と湧き出し、存分に薄気味悪い。

それに加えて、草刈機を操る親父のハンドル裁きが荒すぎ。

小石や木の枝がびゅんびゅんと足元に飛んでおり、危険極まりない。


照り付ける初夏の太陽に照らされること3時間。





20140627_183441[1]_convert_20140717230207

ようやく土の見える果樹畑になった。
(アフターのみでビフォーがない為、比べようもないが)


暑さと疲労でへばりそうであったが、しばらくは草刈苦行とオサラバできる。

すっきりと片付いた畑を見るのは大変気持ちがいい。




ところで。

気持ちが良くなるものと言えば、クチナシの香り。

畑の隅に植え付けていたクチナシの幼苗が、去年に引き続き、可憐な花を咲かせている。





20140627_183734[1]_convert_20140717230308

純白の花びら。

樹が小さい為、花は小柄。

しかし、小さくても漂う香りは甘く上品。


香る花として、バラの花も育ててはいるが、やはりこの時期のクチナシの香りは別格。

私の贔屓も入ってはいるが、香りの甘さ・強さにおいては完全にクチナシに軍配が上がると思う。


清々しいほど清らかな白い花びらは、触れるとビロードのようなしっとりとした質感で、なんともいえぬ肌触り。

まるで赤子の尻のよう。


見てよし。

触れてよし。

嗅いでよし。

全く、こんな女が実際にいたら。どうにかなってしまいそうである。



しかしこのクチナシ。

良い面ばかりではない。

その甘き香りゆえ、集まる虫も大変に多いのである。

名も知らぬ毛穴くらいの小虫から、そこそこなサイズのゴキブリまで。

それこそ女王様に侍るの奴隷のように。

たくさんの虫を侍らせるのだ。


そして、さらに気になることがある。

花びらが咲き終わると、途端に白から茶色へと醜く汚れてしまうこと。

あんなに綺麗な純白が、煮しめたような茶色に変色してしまうのである。


花の時期が過ぎると、煮しめ色した花びら達が何枚もよれよれと葉っぱにまとわりついており、美しさもなにもあったものではない。

花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき。



と、このようにクチナシの良いとこ悪いとこを評価してみたが、やっぱり好み。お気に入り。

あの花びらと香りを知ってしまったら、恋をせざるを得ない。



また一年後、この香りに出会えることを夢に見て。

甲斐甲斐しくも、お世話をさせて頂くのである。

スポンサーサイト

勘違いは誰にでもある

20131013_140844[1]_convert_20131014205454

何をどう勘違いしたのか、私の幼いクチナシさん。


こんな時期に狂い咲きサンダーロード。


花弁は汚れてきているものの、うっすらとあの香りを漂わせている。

まさかこの時期に、大好きなこの香りをギフトされるなんて。



夏の間に草に覆われ、大した成長ができなかったこのクチナシさん。

今年の夏の暑さで、クチナシの体内時計がおかしくなったのかはしらないが、こんな季節外れの小さな花でも、その香りはまさにクチナシ。


神様の粋な計らいであろうか。

お前のような 花だった

台風が近づきつつある九州地方。

予報通りに進めば、明日の壱岐は、間違いなく大荒れの天気。


今日は休日だが、果樹畑には行けそうにない。

本来ならば、畑に行けないことと、梅雨の重苦しい天気のせいで、鬱々と家で過ごすことになるのであろうが。

今日は違う。


620 クチナシ

クチナシ。八重咲き品種。



果樹園の隅に植え付ける予定の、この八重クチナシ。

今は私の部屋で、その甘く、伸びやかな芳香を放っている。


私の狭い部屋の中で、クチナシの白い花から溢れる香り。

糸を引いて立ち上るかの如く、辺りを優しく包み込む。

この香りの芳しさ。

旅路のはてまでついてくるのも頷ける。



ブルーベリーを植え付けているオバの家に、だいぶ前からクチナシが植えられていた。

6月の梅雨時期になると、あたり一面に、白く清らかな花を咲かせ、そしてその香り。

こんなに良い匂いのするものが自然の中にあるのかと、感動したことを覚えている。

以来、この梅雨時期は、ブルーベリーの観察と称して、クチナシの香りに包まれたいがために、オバの家に行っていたようなものである。


花の匂いの素晴らしさを教えてくれたこの植物を、自分でも育ててみたい。

その願望もあり、苗木の購入に至った次第。


だが、このクチナシ。

花の命が短すぎ。


白い花びらが開き、良い匂いがしたとおもったら。

どんどんと茶色になって草臥れ始める。

もう少し、花持ちがよかったらと願わずにはいられない。



芝桜から始まった、花への傾倒。

香り甘く、花も可憐なジャスミンを植えて満足していたが、クチナシにも手を出してしまった。

思えば、ジャスミンも白い花びら。

クチナシも白い花びら。

ともに芳香し、昔から人を魅了し続ける。

白い花、そして香る花に、私は弱いようである。



果樹でいっぱいの私の畑。(実際は叔母宅の畑だが)

大きな植物は、果樹への影響を考慮して、植え付けない方針。

しかし、花の魅力にとり憑かれつつある私。

今後も、畑の小さなスペースを見つけては、花を植え付けてしまいそうな予感大。



休日の午後。

園芸カタログの花コーナーを見ながら。

この花はどんな優しい香りだろうか?

あの花はどんな気品あふれる香りだろうか?

カタログ掲載されている花の写真に萌えながら。

うつらうつらと、よからぬ妄想を楽しんでいる。

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。