スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスミンの引越し

今日は休日。

天気予報は終日曇りとなっていたが、晴れ間も見られ、まずまずの農日和。


桃やスモモの成長を確認しつつ、お邪魔な虫にはご退場いただく。

果樹園を見渡すと、山の木々が、畑を覆うように茂ってきており、畑の北側には木陰ができている。

この北側には、以前ハゴロモジャスミンを植えたのだが、木陰が邪魔で、陽の光が当たっちょらん。


516 木陰

516 ハゴロモジャスミン

このジャスミンを植えた場所。

定植当時は、山の木々の枝葉には、新葉がついていなかったので、畑の奥まで、日があたっていた。

また、当時の太陽はもう少し低い位置であった為、ジャスミンにも日は当たっていたのだが。

今では、ジャスミンを覆うように、木陰ができてしまい、日当たりに難アリ。

さらに、陽も高くなったため、ジャスミンに日が当たるのは、午後の遅い時間となってしまった。


そこで、新たに場所を変えて、栽培することに決定。

しかし、他に植え付けても良いような、ナイスな場所が見当たらない。

あるにはあるが、他に植えたい果樹がある。


しばしの熟考。




(・∀・) チーン

畑の下に作ればよいではないか。


私の果樹畑の下にはよその畑がある。

しかし、持ち主が管理していない為、荒れに荒れ果て、イバラと葛と名も知らぬ草木がボッサボサ。

小さなおじさんである、私の身長よりも高く、草が伸び放題。

下の畑は、持ち主に見捨てられた畑なのだ。


私の畑は、この畑より1mくらい段差の上にある。

初めは、このよその畑に勝手に植樹しようとも考えたが。

それは宜しくない。精神衛生上。

しかし、畑の段差のとこなら、文句はなかろう。

どうせ誰も来んし。


そうと決まれば、有言実行。

下の畑から、段差に沿って私の畑に伸びる、葛やイバラの青臭い新葉、新枝をちぎっては投げ、ちぎっては投げ。

大汗かきまくりで、ハフハフ言いつつ草刈に励む。

しっかし、相変わらず、このイバラと葛の絶倫っぷりには恐れ入る。

イバラは刺が鋭くて痛いし、葛は3m近くも伸びて、アレやコレやに絡まっちょるし。

ある程度、整理したところで、畑の段差に植え穴掘り掘り。

礫が多く、なかなか難儀したが、無事に終了。


516 ジャスミン定植地

ジャスミンは1株だが、今後増やすことも考えて、3つも掘った。


最初から気をつけていれば、ジャスミンを植え直すなんてことにはならなかったのだが、そこは後から考える男。

下司の智恵と猫のきんたまは後から出るのである。

スポンサーサイト

Say it with flowers

日頃から、先輩諸氏のblogにお邪魔させていただいて、花卉や野菜の栽培について勉強をさせてもらっている。

その中で、いつも心に残るのは鮮やかな花の画像である。

果樹の栽培をメインに記録をしているこのblog。
野菜同様花は栽培が難しい(と思っている)のであえて手をださないでいた。(こんな文章、以前も書いたような)



今日の壱岐地方は、朝から小雨に濡らされていた。

空は暗く、低く落ちて、雨雲に覆われた灰色の景色。

果樹園に行くこともできないので、気晴らしにHCや園芸店をハシゴする。

雨に冷やされながら、園芸店に置いてある春の花を眺めて過ごす。

この時期の園芸店は、色とりどりに自身を咲き誇らせる、春の訪れを我が身で表現する花々が出揃っており、目にも鮮やか。

顔を叩く雨の雫も気にならないくらい、彩豊かな花に心奪われた。

そんな花たちの色彩美を堪能していると、冷たい春の風にのって、鼻腔いっぱいに峻烈な香気が広がった。


ジャスミンである。

白い、小さな花。

だが、その香りは優雅で、しなやかに周りの景色を包み込む。
小さな花とは思えないぐらい、豊かで、甘く気高い。

店にあったのは、ハゴロモジャスミン。
噎せ返るほどの強さに、煩わしささえ覚えた。

一度、手に取る。香りをかぐ。戻して、ビオラに浮気する。

もう一度、手に取る。香りをかぐ。戻して、カーネションに浮気する。

また来て手に取る。香りをかぐ。

笑みがこぼれる。

気づいたら、ジャスミンの色気にやられたらしい。

レジを済ませて、車の中で再々度、香りを楽しんだ。

家に帰る間に、ジャスミンの香りが車内全体に広がる。


ジャスミン

ジャスミンの香りは男を惹きつける魔力があるようだ。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。