畑の草刈 出会いたくなかった草

雨が降りそうで降らない、梅雨の日曜日。

午後から山の畑へと向かう。


前回、畑に行った時は、半袖シャツという、山の畑をナメた格好で来てしまった。

結果、やぶ蚊の熱い接待を受けるハメに。


やぶ蚊軍団の献血活動に泣く泣く協力したが、今日は長袖のナイロンジャージで防御力アップ。

頭には、白いタオルを頬被りの要領で巻き、頭部への攻撃に備えた。


しかし、携帯の液晶に映る、我が顔の滑稽さよ。

白い頬被りがこれほど似合うとは。

これで、ブリーフ一丁で、鼻毛を書いたら、ダチョウ倶楽部の竜ちゃんである。

そんな、押すなよスタイルで畑を徘徊。


以前、畑の草がボーボーだと記録していたのだが。

今日はあの日よりも、更に草ボーボーであった。


602 スコップ

一般的な大きさのスコップよりも、はるかに高く伸びた草たち。

すでに私の身長に近づきつつある。


桃とスモモがメインのこの畑。

成長の遅い品種は、背比べで負けて、草に覆われ始めた。

放置すれば、いずれは草に果樹園を乗っ取られてしまうかもしれない。

大草原の小さな家という海外ドラマがあった。

今の私は、雑草原の小さなおじさんである。

果樹畑が雑草畑になる前に。

草に身長測定で負けない為に。

初の草刈を決行する。


こんな事もあろうかと、以前に100均で買った草刈鎌。

どうやら買って正解だったようだ。


ばっしばっしと草を切り、葛のツルを払い、イバラの刺を潰していくと、園芸家にはお馴染のあの方々とご対面。


602 アブラムシ

アブラムシである。


畑で育てている果樹に、今までにアブラムシがついていたのを見たことがなかった。

素人の勝手な想像であるが、果樹よりも多くの草が生えていることで、被害が見られないのではないかと考えていた。

というのも、我が果樹園の下にある他所の畑(てか荒地)。

イバラ、葛と共に、春にはカラスノエンドウが大量に繁殖した。

そして、その新芽には、これまた大量の毛虫とアブラムシがついていたのである。

カラスノエンドウに惹かれた虫たちは、私の畑まで上がってこなかった。と考えている。


んで、このアブラムシ。

赤い色が珍しい為、携帯で検索。

すると意外な答えが。

名称、セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ。

セイタカアワダチソウにつくアブラムシであった。

ということは、我が果樹園に生えているあの背の高い草。

言わずもがな、セイタカアワダチソウであったのだ。


私、この草はあまり好きではない。

別にこの品種が悪いわけではない。

ただ、あのひょろひょろとした姿。

ケバい黄色の花。

高く伸びすぎて、足元から枯れる下葉。

どうにも、色気を感じないのである。

そして、そのしぶとさで、日本の自然に帰化し、他の植物を駆逐しているらしい。

もともとは、切花として持ち込まれたものが、今や島中で見られるようになったとのこと。

もちろん、広めたのは、我々人間様である。


嫌いな植物が果樹園に。

しかもアブラムシまでお供に連れて。


草との闘い。

ますます熱くなりそうな予感。

comment

Only the blog author may view the comment.

No title

セイタカアワダチソウ、
ほっとくと畑中支配されてしまいます!
なかなかやっかいな花?でしょう。。
暑い中、熱い戦いお疲れ様です。。
そーぞーするだけで、
汗がしたたり落ちてきます!!

No title

なおさん様、こんばんは。

セイタカアワダチソウ、島ですごい勢いで増えてます。
もういたる所でですよ。

以前から、なんか色気のない花やね~と思ってて。
しかも在来の植物を駆逐して増えているらしいので、なおさら手に負えんです。
それが自分の畑につい侵入。しかもお供にアブラムシ。
ちょっと気が重くなりましたよ。

今日の草取り。
曇り空で風もあり、涼しいかと思ったら、大間違い。
パンツも濡れる大汗かいて、草臥れました。

まだまだ熱くなる畑の草取り地獄。
お互いに、ぶっ倒れないように気をつけましょうね^^;

No title

草取り、ご苦労様でした。
今日はそちらも暑かったのでしょう、
その暑い中、セイタカアワダチソウと格闘していたとは
感心しますよ、
この草、引き抜いても根っこが切れ、残った根っこから
また芽を出してくるしぶとい草です。
スコップで掘り出してしまうのが正解でしょう、
花が咲くまでには片付けないといけないですね、

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

憎き奴の仲間

それにしても、精力的に外敵に向かわれますね。
この爺からは頼もしい男、頼りになります。

背高泡立ち草は、憎き杉花粉に似た花粉を飛ばし、同じ弱点を持つ仲間を苦しめる。

これからは日が差せば真夏日もあります。
敵を成敗する前にダウンでは困ります。

汗ふきながら、ペースを守って草刈りお願いします。

Re: No title

ノリじいさん 様、初めまして。

ブログちょくちょく覗かせてもらってました^^

セイタカアワダチソウ。
やはり、警戒すべき相手ですな。
今のところ、この草が生えている群生は大きくないので、根っこから土から、掘り返すつもりであります。

これからの野菜作りは、暑さとの戦いになると思いますので、無理なさらないように、楽しまれてくださいね。

ijin様へ

ijin様、こんばんは。

セイタカアワダチソウ、やっぱりどこでも嫌われてるみたいですね。
繁殖力も強いから、農道や休耕田があたり一面、コヤツらばかり。
なんてことも少なくありません。

まだ花をつける時期ではないですが、地下茎でも増えるとのこと。

炎天下の太陽には気をつけながら、草取り苦行に奮闘する所存であります。


No title

うわぁ~~~ 大変そうですね。
くれぐれも、熱中症にはお気を付けくださいね!

Re: No title

みやこ草様、こんばんは。

まさか、ここまで草が伸びるとは思ってませんでした^^;
草の成長に負けないように、草刈・草引きに日々が続きそうです。

暑さのこたえる季節ですので、お互いに無理をしないようにしましょうね。

おはうございます。

すばらしい草ですねえ。
鎌で対抗
ここまで、くれば
草刈り機しか、考えつかない。

手刈りしたんですか?
お疲れ様でした。

Re: タイトルなし

がんばー様、こんばんは。

私、草刈機を所持していないんです
もっぱら鎌による畑内手工業に勤しんでおります^^;

しかし、この草、素晴らしいとゆうか逞しいとゆうか。
ものすごい勢いで成長しまくりですので、花がつかないうちに、なんとか駆除できるようにしたいとおもっとります。
04 | 2024/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

藻の上の旦那

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR