スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果樹園のバラ 陰毛の不思議

バラの話。

以前、レディ・エマ・ハミルトンの項で、バラの香りはお婆の湿布の匂いと書いた。

しかし、それから続いて咲きだしたエマ・ハミルトンの香りは、嗅ぎ続けているうちに、鼻腔に心地よい豊かな香りに感じられ、今ではすっかり虜になっている。


太陽光の照射に限りがある家の軒先で、薬剤も何も使ってないのに、元気に育つエマ・ハミルトン。

バラ初心者の私でも安心の、強健でポテンシャルの高い品種と思われる。


では、山の畑のバラはどうか?

以前、バラゾウムシに新芽をつぶされまくっていた畑のバラ。


今年のバラ観賞は無理であろうとあきらめていたのだが。


伸びる新芽を虫に喰われながらも、幸いにして花開く枝あり。







20140601_120435[1]_convert_20140717225554

アブラハムダービー。
柔らかな薄桃色の花びらが素晴らしい。





20140601_120458[1]_convert_20140717225641

フォールスタッフ。
画像ではやや赤の発色が強いが、実際は深みのある赤に紫が混じったような絶妙の配色。





20140601_120510[1]_convert_20140717225717 - コピー

エブリン。
アプリコット色をした、リブが綺麗な大輪の花びら。
どこか中世貴族夫人のドレスを思わせるような、豪華な佇まい。


どの花も、想像以上に綺麗な花びらを太陽に向けて輝かせている。

一部、落ちかけの花もあったが、今年は花びらを拝めると思っていなかっただけに嬉しい誤算。



しかし、花は綺麗だが、所々に見える小虫。

花びらに黒いシミが出来たように、あちこちに虫が蠢いている。

クチナシの件でも記録に残したが、香る花に集る虫の多いこと。

山の畑のバラも同じ。


バラの香りを楽しもうと、鼻毛全開で鼻穴広げ、蜜壺に鼻頭を突っ込んだところ、小さな虫がいっぱいでドン引き。

香りをゆっくりと楽しむ余裕など無し。


しかも、辛うじて感じられた香りは、どの花も弱く、かすかに果物のような香りがする程度。

エブリンは香りの強さに惹かれ購入したが、あまり香りは感じられなかった。


樹自体が小さい為、まだ香りが弱いのもあるのかもしれないし。

バラは朝が一番香り高いとも言うし(この日は真昼間に様子観察)。




あと、バラで気になることと言えば、病気。

私のバラには毛虫などの昆虫害が一番多いのであるが、最近は黒点病が徐々に広まっているようで、フォールスタッフが現在罹患中。

自宅から離れていることで、気軽に観察できないこともあり、ちょっと気になっている。


周りには果樹(無農薬栽培中)を植え付けている為、薬剤は使用したくない。

であるからして、無農薬で育てるバラのサイト等で対処を実行中。


私の対策は後手に回るが、今後も周りの雑草に負けないように、強く大きく育っていただきたい。





さて。

陰毛の話。


以前、職場の便所で小便をしていた際、おしっこを流す押しボタンの下に縮れッ毛が置いてあった。

いくらトイレとはいえ、不自然な場所にある遺物に「なんて子供じみた悪戯」と思っていたのだが。


最近になって謎が解けた。



先日のこと。

仕事中に小用を催し、便所へ直行。

男性用立便器で小便をやり遂げ、前方の押しボタンに手を伸ばした瞬間。


私の右手、薬指と小指の間に黒い糸が見えた。

それは波打つ曲線を指に絡め、見事に指の腹に納まっていた。



私の陰毛である。


前に、男性トイレの押しボタンの下に珍下を放置するという悪戯をしたのは、他の男性職員だと思っていた。

だが、実際はあの時の珍下も、私か他の誰かが押しボタンを押そうとした際に、うっかりこぼれ落ちた忘れ物だったのかもしれない。

偶然の産物。




と。この話を他の男性職員にしてみたところ。

思いのほか、陰毛というものは色々な場所で発見されたことが分かった。




フローリングの床の上。(これは分かる)


畳の上。(これも分かる)


布団やベッドの中。(当然か)


パソコンデスクの上。(何をやっているのか)


食卓の上。(そこはご飯を食べるところです)




などなど。

一番興味深かったのはコップの中。

一体どうやったらそこに辿りつけるのか。



更に気になって、ネットで「陰毛 落ちてる」で検索。


すると。

はやり陰毛、神出鬼没。

意外すぎるところで発見されている。



他人の家で発見した時には、汚らしさの中にも可笑しみさえ感じさせてくれる彼らの存在。

私達の知らないところで、陰毛たちの冒険は始まっている。

今日も。

どこかで。


スポンサーサイト

すっきり果樹園 クチナシは可憐に咲く

前年の夏の暑さといったら。

そして、畑に蔓延る雑草の逞しさと言ったら。




やぶ畑

2013年夏の画像。畑は緑のジャングル。



昨年は、山の畑を開墾して初めてのシーズンゆえ、夏場の雑草にこれほどまでの勢力があるとは思いもよらなんだ。


背丈近くにまで生い茂り、アブラムシを大量に発生させていたセイタカアワダチソウ。

絡みに絡んで訳がわからなくなった葛のツルのいやらしさ。

私の可愛い果樹を覆い尽くす緑の壁。


鎌で刈ってもすぐに伸びあがる草の勢いに、へとへとになったことを思い出す。

もう二度とあんな思いはごめんだと、親父に愚痴を申し上げていたある日。


「今かぃ、草刈いこうや」と父。

普段、私の趣味になんの興味も示さないこの男がなぜかやる気に。


こうして親子二代で、お山の果樹園の草刈開始。



この日は6月の下旬であったが、草は膝丈を超えて腰までボーボー。

凄まじい繁殖力で伸びまくり。

いやはや雑草の勢いは素晴らしい。

夏の全盛期にはわが畑を緑のジャングルに戻す算用であろうか。



木陰に荷物を下ろし、どこから捌いていくかを計画して、いざスタート。


親父が草刈機で草を刈り散らかす。

刈り飛ばした草を私が集める。


雑草とはいえ水分を含んだ植物は結構な重量。

しかも、まとめた草からは、蜘蛛やらムカデやらが諸々と湧き出し、存分に薄気味悪い。

それに加えて、草刈機を操る親父のハンドル裁きが荒すぎ。

小石や木の枝がびゅんびゅんと足元に飛んでおり、危険極まりない。


照り付ける初夏の太陽に照らされること3時間。





20140627_183441[1]_convert_20140717230207

ようやく土の見える果樹畑になった。
(アフターのみでビフォーがない為、比べようもないが)


暑さと疲労でへばりそうであったが、しばらくは草刈苦行とオサラバできる。

すっきりと片付いた畑を見るのは大変気持ちがいい。




ところで。

気持ちが良くなるものと言えば、クチナシの香り。

畑の隅に植え付けていたクチナシの幼苗が、去年に引き続き、可憐な花を咲かせている。





20140627_183734[1]_convert_20140717230308

純白の花びら。

樹が小さい為、花は小柄。

しかし、小さくても漂う香りは甘く上品。


香る花として、バラの花も育ててはいるが、やはりこの時期のクチナシの香りは別格。

私の贔屓も入ってはいるが、香りの甘さ・強さにおいては完全にクチナシに軍配が上がると思う。


清々しいほど清らかな白い花びらは、触れるとビロードのようなしっとりとした質感で、なんともいえぬ肌触り。

まるで赤子の尻のよう。


見てよし。

触れてよし。

嗅いでよし。

全く、こんな女が実際にいたら。どうにかなってしまいそうである。



しかしこのクチナシ。

良い面ばかりではない。

その甘き香りゆえ、集まる虫も大変に多いのである。

名も知らぬ毛穴くらいの小虫から、そこそこなサイズのゴキブリまで。

それこそ女王様に侍るの奴隷のように。

たくさんの虫を侍らせるのだ。


そして、さらに気になることがある。

花びらが咲き終わると、途端に白から茶色へと醜く汚れてしまうこと。

あんなに綺麗な純白が、煮しめたような茶色に変色してしまうのである。


花の時期が過ぎると、煮しめ色した花びら達が何枚もよれよれと葉っぱにまとわりついており、美しさもなにもあったものではない。

花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき。



と、このようにクチナシの良いとこ悪いとこを評価してみたが、やっぱり好み。お気に入り。

あの花びらと香りを知ってしまったら、恋をせざるを得ない。



また一年後、この香りに出会えることを夢に見て。

甲斐甲斐しくも、お世話をさせて頂くのである。

壱岐市消防操法大会

こういうことである。


7/13、小雨降りしきる日曜日、壱岐市消防操法大会が行われた。

操法大会と聞いても、一般のお歴々にはさっぱりだと思われる。


操法大会とは、全国の消防団員がポンプ車や小型ポンプの基本操作を習得するために行われ、諸動作の速さや正確さを各分団で競い合う、男だらけの大会だ。


戦後から行われてきたこの操法大会。

日本中の消防団から選ばれたアニキ達が、それぞれの町大会または市大会を経て、県大会そして全国大会へと続く切符を競いあう。


四月、桜が散り始める頃から練習を開始。

蝉の声が響き始める七月の半ばまでおよそ三か月弱。

この操法競技に我が消防団も参加する為、私もサポートで練習に付き合ってきたわけだ。


大会の選手に選ばれた若いメンバーは、各々の仕事が終わって夕方から練習に参加するのであるが、走ったり、整列したり、水かぶったりと本当に大変。

長い間お疲れ様でしたと心より労いの言葉をかけてあげたい。

件の市大会では結果は残せなかったが、みな無事に終わってほっとしている。



ちなみに。

我らが壱岐の消防団。 昔から操法がお上手。

前回の全国大会の優勝チームは壱岐の代表(石田町 山崎の分団)である。

県大会でも何度も表彰台に上がってきている程、伝統的に操法の強さでは有名なのだ。



さて、操法大会については賛否両論ある。

消防団員として、ポンプ車の扱い方や消火の手順を覚えるためには、実際の火事や防災対策の良い勉強になるのだが、大会までの練習が長期に及ぶため、事故や怪我があったり。

仕事後に選手や団員が操法練習行ってしまい、しかも遅くまで飲んで帰ってくる夜もあり、子供のいる若い夫婦などでは、家庭不和の原因になったり。


私んとこのかーちゃんも、とーちゃんが若い時には、消防関係で飲みさらき、ずんだれて帰ってきていた為、消防団に対する評価はすこぶる悪い。

最近の団員は、陸の仕事(リーマンとかコームインとか諸々)が多く、仕事も朝からしっかりある為、そこまで酷い飲み方はしていないが、父親が若いころなんかは団員の多くは漁師。

漁師は自営業であるからして、明日の仕事は自分の体調で決められる。ということで、練習あとの酒飲みはつきもの。

朝まで。

無茶苦茶。


ゲロにまみれてずたぶくろのようになって帰ってきた父に、おカアが鉄拳制裁を食らわせていたのも今となっては幼少の良い思い出。



とまあ、この三か月はほぼ操法練習がメインの生活。

仕事から帰ると操法練習。選手が伸ばしたホースを巻き巻き。

練習あとは風呂に入って、飯食って寝るだけの生活。

はっきりいって、あまり果樹のお世話ができなかった三か月。


台風8号は幸いにも大きな被害はなく、ブルーベリーやイチジクの木々は元気。

ただ、梅雨の前半は前年のような空梅雨で、雨乞いでもしようかというほど雨が降らなかった壱岐地方であるが、台風前からは梅雨前線が活発で、大量の雨が降り続き、ブルーベリーのもみ殻マルチが流されまくっている。


バタバタとした春夏であったが、ようやく果樹のお世話ができる。

しかし、まともにできる時間ができたと思っても、すでにこの暑さ。

間違いなくお山の畑は危険がいっぱい。


熱中症・やぶ蚊・アブ・スズメバチ・etc….。

対策はばっちりで畑に向かう所存。



20140705_113150[1]_convert_20140717230624

夏の使者。なぜか逃げない。




20140601_154409[1]_convert_20140717225804

果樹の仇。

励まないでほしい。


バラの一番花

ちょっと時間ができたので山の畑に。

前回覗いた時よりも、元気にたくましく育つ雑草に涙。

我が畑の土壌はさぞ肥えておるのであろうと勝手に脳内変換し、草抜き開始。

もう夏かと思えるような暑さの中、しゃがんでは立ち、起ってはしゃがみを繰り返していると、何度も立ちくらみを起こしてしまい、目の前が真っ暗or真っ白になる。


以前はスモモにぴっちりついていた、くっさいカメムシ。

今日見たら、伸び放題に伸びている葛のツルにまとわりついていた。

スモモから葛への心変わりはどのような心境なのであろうか?

吸う汁の味が違うのであろうか?

どちらにせよ、スモモの樹が臭くならずにすむのはうれしいことだ。



バラゾウムシに新芽を吸われたバラを確認する。

今回、バラゾウムシの姿は見れなかったが、被害に遭ったバラの新梢は、下の方から新たに芽を出して元気に伸びあがっていた。

ゾウムシのおかげで脇芽が増えたのかどうかは知らないが、枯れないで育ってくれてなにより。




畑に植えたバラはどなたも蕾を見せることはなかったが。


20140511_130425[1]_convert_20140511201109




20140511_130429[1]_convert_20140511201155

玄関先で鉢栽培中のイングリッシュローズ、レディ・エマ・ハミルトン。

家の前の植木鉢には、害虫も目が届かなかったのであろう。

オレンジ色した綺麗な花が咲かせてくれた。


こぶしほどの大きさ、カップ型に咲いた、優しい色をしたこのバラこそ、私のバラ栽培における一番花。


玄関前で、あまり日照がよくない環境である為、花が咲くかと心配したが、見事に開花。

輝くオレンジの花びらが、道行くマダムの気を引いている様子。


香りの強い品種と聞いて購入したエマ・ハミルトン。

どれどれどんな香りかしら?と、鼻を近づけクンカクンカ。




??

???

バラ特有のあの甘い香りは確認できず。

なんという香りだろう、すっとするような。

どこかで嗅いだような。

どことなく、春に職場で嗅いだ沈丁花の花の香りに近いような。

色々と思いを巡らしていると。


思い出した。



隠居のおばあちゃんの湿布の匂い。

これが一番近いと思う。


素敵なバラの匂いを嗅いで、年寄りの湿布の匂いとは、私の鼻もだいぶイカレているとは思うが、どうしてもその印象が強すぎてがっくり。


世界に名だたる美女の匂いは、婆さんの湿布の香り。


バラと言えばあの独特の香り、ダマスク臭を思い浮かべていた為、ちょっとショック。

フランスのナンテスのバラの香りでトップ賞をとったと、本家デヴィッド・オースチンのサイトで紹介してあったが、海外の方とジャパニーズとでは、花のいい香りには違いがあるのだろうか?


とはいえ、初めてのバラ栽培でここまで立派に咲いてくれたこのバラには感謝。

畑で成長する三品種にも期待せずにはいられない、今日この頃。

四月の草花諸々

四月最初の更新が、四月の末とはこれいかに。



20140409_152607[1]_convert_20140429220236



20140409_152531[1]_convert_20140429220129



20140409_152702[1]_convert_20140429220628

二年目のシバザクラは本気咲き。


画像では伝わりにくいが、一株が最大40cm越え。
高さも20cm近くある。

合計18株のシバザクラだが、川沿いの下道からそのド派手なピンクが確認できる。

二年目にして、ようやく通行人(車)に確認できるようになり、大満足。

花が済んだら剪定で刈り取った葉先を使って差し芽でもすっかね。




お次はバラ。

20140409_160958[1]_convert_20140429221655

エブリン。



20140409_161008[1]_convert_20140429221736

フォールスタッフ。



20140409_161015[1]_convert_20140429221839

アブラハムダービー。


順調に成長しているように見えるバラであるのだが。

ちょっと困った事態になっている。



というのも。

20140409_152954[1]_convert_20140429220731

新芽がどんどん枯れますと。


初めは何かの病気かと思っていたのだが、原因は虫。

その名もバラゾウムシ。

この虫が、芽吹こうとする可愛いバラの新芽を、ちゅ~ちゅ~吸って枯らしているのである。


バラ栽培者の間では、親の仇のごとくに嫌われているこの虫が私の果樹園にもやってきた。

農薬責めで全滅という手も考えたが、隣にはモモやスモモの果樹がある為、不採用。


どうするか?と考えたが、植わっているバラはまだまだ幼苗。

果樹でも、(特にブルーベリーとか)幼苗に対してはまずは樹を育てるために、花芽を潰す作業をするので、今回はゾウムシに花芽の剪定を”してもらっている”と考えて気にしないことにする。

ただし、来年からは見つけ次第潰して回るので覚悟されたし。





続いてスモモ組。

20140409_160522[1]_convert_20140429221036

貴陽。




20140409_160541[1]_convert_20140429221118

太陽。




20140409_160602[1]_convert_20140429221156

大石早生。




20140409_160654[1]_convert_20140429221257

貴陽(こちらは国華園産)。




20140409_160731[1]_convert_20140429221341

バーバンクグランドプライズ。(見にくい画像)




20140409_160805[1]_convert_20140429221434

ソルダム。




20140409_153456[1]_convert_20140429220952

秋姫。
にびっちりついたカメムシ。



スモモはどれも問題なく成長中。

しかし、上画像の秋姫のように、どの枝にもビチビチにカメムシが纏わりついており、気持ち悪い。

というより、大変臭い。


手袋をはめた手を枝の下に広げ、枝をゆすってカメムシを集めて駆除するのであるが、カメムシを集めた手袋が凄まじく臭くなり、大変危険。

今回一番の大仕事であった。





山の畑からの帰りにブルーベリーをチェックしに、叔母の家に行く。



20140409_165536[1]_convert_20140429222218

ブライトウェル。




20140409_165639[1]_convert_20140429222402

名前忘れ三号。





20140409_170234[1]_convert_20140429222500



20140409_170638[1]_convert_20140429223430

サンシャインブルー。





20140414_182943[1]_convert_20140429223536

ブラッデン。



ブルーベリーの開花が遅いと思ったあなた。

あなたは鋭い。


上記の画像はすべて四月上旬(4/9頃かしら)の画像。


今では幼果に変わりつつあるブルーベリー。

そして、順調に雑草畑に変貌しつつある、お山の果樹園。


今年の四月は休日に予定が入って、まともに果樹の面倒がみれなかった。

その為、更新もお久しぶり。

色々とローカルな予定もあり、6月から7月までは不定期更新となる予定(は未定)。



いつも見てくださる方には感謝しております。

更新は滞りますが、思い出したくらいに来てね。

あなたが思い出したころに更新してるはず。



20140427_145505[1]_convert_20140429223717

20140427_145457[1]_convert_20140429223627

廃校となった我が母校に咲くツツジの花。

人の手はいれずとも、花は時を知り咲くのですね。
02 | 2017/03 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:藻の上の旦那
玄界灘に浮かぶ壱岐で、果樹栽培に勤しむ中年です。
リンクはフリーにしております。
どうぞお好きに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。